ココリコ田中、きたろうの自由奔放な演技に四苦八苦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月1日 > ココリコ田中、きたろうの自由奔放な演技に四苦八苦
メニュー

ココリコ田中、きたろうの自由奔放な演技に四苦八苦

2010年8月1日 21:31

監督と似ていませんか?「宇宙で1番ワガママな星」

監督と似ていませんか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉本興業が主催する企画「Laugh&Peace ムービーフェスタ」が開催中の東京・渋谷のヨシモト∞ホールで8月1日、「宇宙で1番ワガママな星」が公開初日を迎え、「ココリコ」の田中直樹、「ロバート」の秋山竜次伊東寛晃監督が舞台挨拶に出席した。

同企画は、第2回沖縄国際映画祭で上映された長編映画6作を、全国で順次公開するもの。テレビ朝日のバラエティチームと吉本興業がタッグを組んだ同作は、2020年を舞台に、カップ麺の懸賞で宇宙旅行に当選した5人の男たちが、企業の陰謀に巻き込まれるサスペンスタッチのコメディ。田中は宇宙旅行を目指す5人をガイドする教官、秋山は乗組員のひとりである新興宗教の教祖(きたろう)の側近を演じた。

田中は、「時間がないなか、監督も初メガホンということで、とにかくみんなで協力し合って、いい作品にしようと思った」と振り返った。さらに、「伊東監督の第一印象は僕よりも猫背ということ。それにビジュアル的にも似ているので、親近感を覚えてやりやすい現場だった」。一方の伊東監督は、「楽しく笑えて、見終わった後に何も残らない映画を目指した」と語るひょうひょうとした口調が場内を和ませ、さりげなくネタバレを口にしてしまうひと幕もあった。

秋山は、「自分に演じられるか悩みました。イメージトレーニングするために、2カ月ほど山梨にこもっていた」という。きたろうとの共演はアドリブの連続で、ついていくの大変だったそうで、田中も「芝居がどんどん変わっていって、見ているこっちが笑いをこらえるのが大変だった。きたろうさんが一番自由」と圧倒された様子。きたろうは撮影中、自分がNGを連発しながら、田中らには時間がないから一発で決めるよう迫ったそうで「きたろうさん、他人のNGには厳しいんですよね」とこぼしていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi