内藤大助選手、息子・亮くんにとっては怪物!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月21日 > 内藤大助選手、息子・亮くんにとっては怪物!?
メニュー

内藤大助選手、息子・亮くんにとっては怪物!?

2010年6月21日 12:01

亮くんの言動に両監督も大笑い「ヒックとドラゴン」

亮くんの言動に両監督も大笑い
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「リロ&スティッチ」のディーン・デュボアクリス・サンダース監督最新作「ヒックとドラゴン」の公開に先駆け、6月20日の父の日、「お父さんと観よう 父の日試写会」が東京・スペースFS汐留で行われた。来日した両監督、第36代WBC世界フライ級チャンピオンの内藤大助選手と4歳になる息子・亮くんが舞台挨拶を行った。

同作は、バイキングとドラゴンが敵対する島を舞台に、弱虫の少年ヒックと傷ついたドラゴンの秘密の友情を描いたファンタジー。全米公開されるや「アリス・イン・ワンダーランド」を抑えて初登場1位を記録。公開5週目に再び1位に返り咲くという快挙を成し遂げる大ヒットとなり、早くも続編製作が決定している。

サンダース監督は「この映画には、自分に正直になって自分の強さを見つけることと、時には敵の視点から自分を見てみることという2つのテーマを込めた」とコメント。また、デュボア監督は「子供が父を敬うのはもちろんだけど、父が子供を理解することも必要」と理想の親子像について持論を展開。また、壇上には来場した子供たちが描いた父親の似顔絵を並べたパネルが登場し、2人は口を揃えて「描写力と想像力がすばらしい」「将来アーティストになると思うよ!」と絶賛。

一方、内藤選手は亮くんと試写を見たそうで「映画を見ながらずっと息子を見てたんだけど映画に見入ってる姿を見て、素直に育ってくれてるなとうれしくなりました。いろいろ説明してたら『パパ、静かにしなきゃダメだよ』って諭されちゃいました(笑)」と苦笑い。緊張気味の亮くんは「家でのお父さんはどんな感じ?」と聞かれると「かいぶつ……」とだけコメントし、これにはサンダース監督も「Fantastic!」と大笑い。さらに、監督2人から一家の似顔絵がプレゼントされるも、亮くんは「お母さんは似てない……」とコメントし、内藤選手が慌てるひと幕もあった。

その後の囲み取材で、怪物発言の真相について聞かれた内藤選手は「よく怒るからかな(笑)。僕は厳しく育てられたし、親に褒められたこともなかったから、その影響もあると思う。勉強しなさいとは言わないけど、大声で騒ぐなとか常識についてはうるさく言いますね」と独自の子育て法を披露。自身はいじめから脱出するためにボクシングを始めたが、「(息子には)思いやりのある子に育って欲しい」と目を細めていた。

ヒックとドラゴン」はパラマウント配給で、8月7日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi