黒木瞳、「ラブ・アゲイン願望あります」と大胆告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月31日 > 黒木瞳、「ラブ・アゲイン願望あります」と大胆告白
メニュー

黒木瞳、「ラブ・アゲイン願望あります」と大胆告白

2010年5月31日 15:08

自分の経験をもとに女性たちにエール

自分の経験をもとに女性たちにエール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優生活30周年を迎えた黒木瞳が5月31日、「私の場合 ブレない大人への段階」(講談社)の刊行記念会見と握手会を都内の書店で行った。同書は雑誌「Grazia」の人気連載をまとめたエッセイ集。黒木は宝塚時代や母親のこと、自身の加齢についてなど知られざる素顔をつづっている。

花柄のシックなドレスで登壇した黒木は、「私だって泣いたり失敗したりするので、“私の場合は”こう生きてきたと、女性たちにエールを送りたかった。記憶をたどりながら、鶴が機を織るように一生懸命に書きました」。その半生を赤裸々(せきらら)につづる内容に、「ここまで書いていいのかなって、涙しながら書いたり消したりを繰り返す辛い回もあったが、誰かの勇気になるならと頑張った」と明かした。

1年半に及ぶ連載は「苦しかった」というが、「家族に見守られながら、元気に仕事ができて、それをお客さまに喜んでいただく。連載を続けながら、そのありがたみを再確認できました」とニッコリ。現在はドラマ「同窓会 ラブ・アゲイン症候群」で不倫に心揺れる主婦を演じており、「ラブ・アゲイン願望、あります!」と大胆告白するひと幕も。それでも、「今も昔も仕事が一番、家庭は二番。不自由させているが、夫も娘も理解してくれている。女優生活30年で出会った方々の誰が欠けても、今の私はない」と感謝した。そして、「皆さんの中にも“私の場合”があるはず。今後も皆さんとご一緒に清く正しく生き続けていければ」と抱負を語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi