井上真央、国際結婚に気持ち傾く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月10日 > 井上真央、国際結婚に気持ち傾く
メニュー

井上真央、国際結婚に気持ち傾く

2010年4月10日 13:59

真央スマイルに客席はため息「ダーリンは外国人」

真央スマイルに客席はため息
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 井上真央の主演最新作「ダーリンは外国人」が4月10日、全国250スクリーンで公開。井上をはじめ共演のジョナサン・シェア、原作の小栗左多里、夫のトニー・ラズロ、宇恵和昭監督が、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶を行った。

井上は、「皆さん、度肝抜かれるほど幸せになっていただけましたか!」と満面の笑みで挨拶。客席に向かって大きく手を振り、「色々な世代の方に見ていただきたいと思っていたので、すごくうれしいです」と頭を下げた。

同作は、漫画家の小栗と米国人の夫トニーが織り成すユーモラスな日常を描いた同名エッセイ漫画の映画化。井上が演じる漫画家志望のイラストレーター・さおりと、シェア扮するアメリカ人トニーのカップルが、周囲の反対やカルチャーギャップを乗り越えながら幸せをつかんでいく姿を描く。

小栗は、トニーとの結婚生活を「外国人というよりも、彼の様子が特殊なだけ。歯を磨いていると『左多里って、ソクラテスのことをどう思っているの?』と聞かれたり……。一緒に暮らして15年、新しい発見があって素晴らしいです」と説明した。

そんな2人を見て、井上は「(国際結婚を)今までは想像していなかったけれど、今回でいいなと思いました。ジョナサンは大事な奥さんがいるから残念ですけれど、『今度友だちを紹介してあげるよ』と言われました。素敵なパートナーがいれば、前向きな気持ちになっています」と前向きな発言。小栗が間髪を入れずに「3日に1回くらい面倒くさいことが起こるけれど、大丈夫?」とツッコミを入れるなど、丁々発止のやり取りが展開された。

また、井上の“パートナー”を演じたシェアは、「慮(おもんぱか)る」「貫禄」といった日本語を覚えたことを告白。「あと、さっき『燃えつき症候群』を覚えたばかりです」と胸を張った。笑いの止まらない井上は、「説明を求められると、ウワーっとなってカーっとなってガーっとなることが多いんですよ」と話し、爆笑を誘っていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi