ポッキーガール忽那汐里、心臓バクバクで“愛”の始球式 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月1日 > ポッキーガール忽那汐里、心臓バクバクで“愛”の始球式
メニュー

ポッキーガール忽那汐里、心臓バクバクで“愛”の始球式

2010年4月1日 20:09

息の合った投球を披露「半分の月がのぼる空」

息の合った投球を披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 橋本紡のベストセラー小説を映画化した「半分の月がのぼる空」に主演の池松壮亮忽那汐里が4月1日、東京・新宿区の明治神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ戦の始球式に登場した。

忽那はピッチャーとしてマウンド、池松はキャッチャーとしてホームベース付近へ。大きく振りかぶって力いっぱい球を投げると、池松がストライクゾーンからそれたボールをキャッチャーミットにおさめ、客席から歓声が沸き起こった。

無事に大役を務めあげた忽那は、「心臓がバクバクで、すごく緊張していたのであまり覚えていないけれど、ちゃんと(池松に)届いてよかったです」と安どの一息。池松も、「やってくれると思っていた。ちゃんとマウンドから投げていたし、見事でした」とねぎらった。

また、忽那は「やっと公開を迎えるのですごくドキドキしているけど、ちょっとさびしい気持ちもあります。池松さんにはすごいオーラがあって、いつも現場で引っ張ってくれて、心強い存在でした」と絶大な信頼を寄せた。一方の池松も、「最初はポッキーガールのイメージしかなかったけれど、スクリーンに映るとほかの人にはない雰囲気を持っていて、知れば知るほど魅力的な方でした」と絶賛していた。

三重県の伊勢市を舞台に、平凡な男子高生と心臓病を患う少女のピュアな恋を描いた「半分の月がのぼる空」は、IMJエンタテインメントとマジックアワーの共同配給で、4月3日から全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi