松山ケンイチがガッツポーズした堀北真希の行動の裏には… : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月27日 > 松山ケンイチがガッツポーズした堀北真希の行動の裏には…
メニュー

松山ケンイチがガッツポーズした堀北真希の行動の裏には…

2010年3月27日 14:57

先輩ユウジ役の松山に気遣い「誰かが私にキスをした」

先輩ユウジ役の松山に気遣い
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堀北真希が主演の映画「誰かが私にキスをした」が3月27日、全国247スクリーンで封切られ、堀北をはじめ共演の松山ケンイチ手越祐也(NEWS)、ハンス・カノーザ監督が、東京・新宿バルト9で舞台挨拶に立った。

東京のインターナショナルスクールを舞台に、記憶をなくした少女ナオミ(堀北)と、彼女を取り巻くユウジ(松山)、ミライ(手越)、エース(アントン・イェルチン)の3人のボーイフレンドが織り成す恋模様を描くもので、堀北は「桜も咲いてきて、春に新しいスタートを切る人にぴったりのラブストーリーです」とニッコリ。映画のシチュエーションにちなみ、「3人の男性から告白されたら?」と聞かれ、「友だちに自慢します(笑)。一生ないと思いますけど」と謙そんした。男性陣は、「もし女性だったら、どの男性キャラクターが好きか?」との問いに、陰のあるユウジを演じた松山が「役にはどこかで自分とつながっているところがある。僕自身ややこしくて面倒くさくて嫌なんです(笑)。だからミライがいい。手越くんもすごくさわやかで好感がもてるし」と自虐的に語った。一方の手越も、「男っぽくてストレートに行動するエースがいい。ユウジはちょっとすみませんですが……」と告白。これには堀北が、「私は面倒くさくてややこしい人が好きなので、ユウジが好きですよ」とフォローして、松山が思わずガッツポーズで喜んだが、堀北は「(松山から)そういうリクエストが入ったので……」と暴露。松山が「言っちゃダメでしょ」と慌てて話し、笑わせた。

すでに台湾、香港での公開が決定しており、アメリカでの公開も交渉中。カノーザ監督は「この作品の目的として、この素晴らしい日本人の役者をお披露目したい、国境を越えたコラボレーションがしたいということがあったが、ハリウッドで試写をやったら、どうやったらこんな素晴らしい役者を雇えるんだと聞かれた」と誇らしげに話し、堀北も「日本を出てたくさんの人に見てもらえるのはうれしい」と海外公開に胸をときめかせた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi