堀北真希、「T4」アントン・イェルチンは「私のことが大好き」 主演作で共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月13日 > 堀北真希、「T4」アントン・イェルチンは「私のことが大好き」 主演作で共演
メニュー

堀北真希、「T4」アントン・イェルチンは「私のことが大好き」 主演作で共演

2009年10月13日 12:03

ハリウッドのホープも虜にする堀北「ターミネーター4」

ハリウッドのホープも虜にする堀北
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堀北真希が主演、松山ケンイチ、NEWSの手越祐也、「ターミネーター4」「スター・トレック」のアントン・イェルチンという日米の注目若手俳優と共演する映画「誰かが私にキスをした」の製作報告会見が10月11日、東京・赤坂のANAインターコンチネンタル東京で行われ、堀北とハンス・カノーザ監督が出席した。

「ナクシタキオク」という仮タイトルで発表されていた同作は、東京のインターナショナルスクールを舞台に繰り広げられる恋愛劇で、05年の第18回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞した「カンバセーションズ」のカノーザ監督の最新作。記憶を失ったナオミ(堀北)と、ミステリアスな先輩ユウジ(松山)、ナオミを優しくいたわるミライ(手越)、ナオミの目下の恋人のエース(イェルチン)が織り成す四角関係を描く。全編の約4割を占める英語のセリフに初挑戦した堀北は、「どの単語にどういう気持ちをこめて話せばいいのかというのが難しかった」と苦労を明かしたが、「撮影中は大変という思いでいっぱいだったけれど、撮り終えて達成感、充実感のある作品だった」と満足気な表情だ。

恋人役のイェルチンは英語の練習相手も務めてくれたそうで、堀北は「ひとつ年下なんですけど、すごくかわいい」とニッコリ。「いろんな話をしてくれて楽しかった。たぶん、アントンは私のことが大好きで、撮影中もずっとそばにいてくれました」と振り返り、現場での仲睦まじい様子をうかがわせた。

カノーザ監督は、東京国際映画祭で来日した際に、多くの日本映画を見て「日本にも素晴らしい俳優がたくさんいるということを知った。そのひとりがマキだった」と言い、構想していた作品の設定を日本に置き換えて製作。堀北のことは「国際的にアピールできる女優だと思うよ」とベタ褒めだった。

昨年11月から今年1月にかけて撮影され、現在は鋭意編集中。今年末の完成を目指し、来年3月下旬、東映の配給で全国250館規模での公開を予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi