ロマンポルノ挑戦の宮内知美「ヌードより嫌なシーンがある」と告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月28日 > ロマンポルノ挑戦の宮内知美「ヌードより嫌なシーンがある」と告白
メニュー

ロマンポルノ挑戦の宮内知美「ヌードより嫌なシーンがある」と告白

2010年2月28日 13:20

ヌードよりも嫌なシーンってどんな…?「後ろから前から(2010)」

ヌードよりも嫌なシーンってどんな…?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 伝統の「にっかつロマンポルノ」を22年ぶりに復活させた「ロマンポルノ・RETURNS」の第2弾「後ろから前から」が2月27日、東京・渋谷のユーロスペースで初日を迎え、宮内知美琴乃増本庄一郎監督が舞台挨拶に立った。

同作は78年に平尾昌晃とのデュエット曲「カナダからの手紙」で歌手デビューした畑中葉子の主演作「後から前から」(1980)のリメイク作。一世を風びした同名曲に乗せて、ロマンポルノのコメディ路線を復活させた内容で、初主演映画「エッチを狙え!/「イヌネコ。」」で初ヌードを披露した、3代目ミニスカポリスの宮内がタクシー運転手に扮する。「板尾創路の脱獄王」の共同脚本を手がけ出演もした増本庄一郎がメガホンをとった。

宮内は「コメディ要素もあるし、ホロっとできる部分も。もちろんHなシーンも含めて、いろんな見方ができる作品」とアピールし、「ヌードよりも嫌なシーンがあります。きっと『あっ、これだな』と分かっていただけるはず」と意味深な発言も。一方の琴乃は「新しい感覚で見れると思います。偉そうな言い方しちゃいましたが、ぜひ日頃のうっぷんを晴らして」。舞台挨拶前の飲酒をほのめかした琴乃は、終始上機嫌で、宮内が「こんなテンションの琴乃ちゃん、見たことない」と苦笑する場面もあった。

現在40歳の増本監督は、ロマンポルノがその歴史を閉じた当時、18歳になりたてで「ちょうど観ることができなかった。映画雑誌のロードショーに2ページだけHな誌面があって、自分にとっては憧れの領域だった」と振り返り、「まさか自分のデビュー作がロマンポルノとは。平成になって、ロマンポルノでデビューした監督はいないのでとても光栄」と胸を張った。しかし、「10分間に1回 “カラミ”を盛り込む」というロマンポルノのルールは撮影中も知らなかったそうで、「スポーツ新聞で初めて知った。(ロマンポルノ復活第1弾の)『団地妻 昼下がりの情事』とは180度違う作品なので、こちらも楽しんでください」とPRした。

同作はユーロスペースで上映されるほか、スカパー!HDによるPPV(ペイパービュー)放映が同時に行われる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi