「アバター」に続け!「カリギュラ」監督がポルノ映画全編3D化を宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月1日 > 「アバター」に続け!「カリギュラ」監督がポルノ映画全編3D化を宣言
メニュー

「アバター」に続け!「カリギュラ」監督がポルノ映画全編3D化を宣言

2010年2月1日 12:05

ポルノの全編3D化は世界初のチン技術!

ポルノの全編3D化は世界初のチン技術!
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「サロン・キティ」「カリギュラ」「背徳小説」などで知られるイタリアのポルノ映画の巨匠ティント・ブラス監督が、世界で初めてポルノ映画を全編3D化する仰天プランを明らかにした。

ローマで、米ハリウッド・レポーター誌の取材を受けたブラス監督は「『アバター』後だけに、まさに時期到来だ。エロティックな映画を全編3Dフォーマットで作りたいんだ」と宣言した。

ブラス監督はつい先頃、アメリカ人により破滅させられたローマ皇帝を描く「カリギュラ」タイプのポルノ企画を諦めたばかり。どのような話になるのかは不明だが、ポルノ映画が全編にわたって3D化されるとは一大珍事だ。ブラス監督は5月または6月のクランクインを目指し、3Dポルノの脚本を執筆中のようだ。

関連ニュースをもう一つ。フランスのギャスパー・ノエ監督が今年5月のカンヌ国際映画祭への出品を狙う新作が3D化されることが分かった。物語の詳細は明らかでないが、仏メディアによると「露骨なセックス描写のある楽しい映画」だそうだ。「カルネ」「アレックス」といった映画が暴力的であると物議をかもしてきた同監督だけに、どんな内容なのか楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 日本で一番悪い奴らの評論 日本で一番悪い奴ら 綾野剛は荒んだ心象風景の中でこそ精彩を放つ稀有な俳優である
  • 疑惑のチャンピオンの評論 疑惑のチャンピオン ヒーローの裏の顔、ドーピングの実態とスポーツビジネスの闇を暴く衝撃作
  • 二重生活の評論 二重生活 “理由なき尾行”にのめり込む女性を、門脇麦が緩急自在に演じきる
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社ツイン

映画をヒットさせる仕掛け人募集!

職種宣伝プロデューサー

有限会社DROP.

「映画って、やっぱり面白い。」その気持ち、仕事にしませんか?

職種映画宣伝パブリシスト

ACクリエイト株式会社

好きなことを選ぶ。その勇気が仕事のモチベーションになる。

職種日本語版制作(字幕/吹替)進行アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi