豪華キャストのマーベル新作「ソー」に、美人女優カット・デニングスが出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月26日 > 豪華キャストのマーベル新作「ソー」に、美人女優カット・デニングスが出演
メニュー

豪華キャストのマーベル新作「ソー」に、美人女優カット・デニングスが出演

2009年11月26日 11:32

インディ映画の人気女優が大作出演「キミに逢えたら!」

インディ映画の人気女優が大作出演
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーベル・スタジオが人気コミックを実写映画化する「ソー(原題)」のキャストとして、新たに若手女優のカット・デニングス(「キミに逢えたら!」)が加わった。

すでに出演が決定しているナタリー・ポートマンが先日、米MTVのインタビューに「カット・デニングスも一緒に出演するの。彼女は友だちで、素晴らしい女優だからすごく楽しみ」と答えたことから、デニングスの出演が明らかになった。

ケネス・ブラナーがメガホンをとる本作は、北欧神話の神トール(Thor)に由来する怪力のスーパーヒーローを描く物語。主人公ソー役をクリス・ヘムズワース、彼の父親で神々の王オーディン役をアンソニー・ホプキンス、ヒロインのジェーン・フォスター役をポートマン、ソーの義理の弟で宿敵ロキ役をトム・ヒドルストン、またアスガードの戦士トリオ「ウォーリアーズ・スリー」のホーガン役を浅野忠信が演じる。2011年5月20日全米公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi