川村陽介、ダンテ・カーバーが苦労と達成感を語る。「風が強く吹いている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月21日 > 川村陽介、ダンテ・カーバーが苦労と達成感を語る。「風が強く吹いている」
メニュー

川村陽介、ダンテ・カーバーが苦労と達成感を語る。「風が強く吹いている」

2009年10月21日 11:29

全力疾走した力作をPR「風が強く吹いている」

全力疾走した力作をPR
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第22回東京国際映画祭に特別招待作品として出品された「風が強く吹いている」が10月20日、会場の東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、大森寿美男監督、出演者の川村陽介ダンテ・カーバーが舞台挨拶に立った。

直木賞作家・三浦しをんの同名小説が原作。映画は小出恵介林遣都が主演で、箱根駅伝出場に情熱を注ぐ素人陸上部の奮闘を描く。長距離走が苦手だったという川村は、「夏合宿でトレーニングしたが、最後まで不安は残っていた」と述懐。撮影中は、共演者たちの走りがレベルアップするさまに、「負けてらんねえなという気持ちだけが糧だった」と当時の心境を明かし、「ぜひ僕らの臨場感、熱、気迫を感じてもらえれば」と自信のほどをアピールした。

留学生役で日本語の台詞にもチャレンジしたカーバーは、「本番前、最低100回は台詞の練習をした」と苦労を語ったほか、真冬の撮影を振り返り「寒いなか大変だったが、チームとして走るのは温かい経験だった。泣けるシーンも笑えるシーンもあるので、ぜひ見てください」とこちらも達成感に満ちた表情だった。

大森監督は、「駅伝は個人戦であり、チームプレー。世界的にも独特な、日本人のソウルが生み出したスポーツなので、外国の方にも楽しんでいただきたい」と国際映画祭を意識し、観客にメッセージをおくった。

風が強く吹いている」は10月31日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi