小出恵介、林遣都ら若手俳優が集結!「風が強く吹いている」現場公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年1月21日 > 小出恵介、林遣都ら若手俳優が集結!「風が強く吹いている」現場公開
メニュー

小出恵介、林遣都ら若手俳優が集結!「風が強く吹いている」現場公開

2009年1月21日 12:00

箱根駅伝ファンには楽しみ「風が強く吹いている」

箱根駅伝ファンには楽しみ
Photo:eiga.com
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・三浦しをんのベストセラー小説を、「僕の彼女はサイボーグ」の小出恵介と「バッテリー」の林遣都主演で映画化する「風が強く吹いている」(大森寿美男監督)。昨年12月にクランクインした同作の撮影現場が、1月20日、マスコミ向けに公開された。

本作は、箱根駅伝を目指す寛政大学の弱小陸上部の奮闘を描く青春ストーリー。足の故障で走れなくなった元天才ランナーでチームのリーダー的存在・ハイジを小出、ある事件をきっかけに競技の世界から遠ざかった天才ランナー・カケルを林が演じるほか、個性豊かな陸上部員として中村優一川村陽介ダンテ・カーバー橋本淳森廉内野謙太斉藤慶太斉藤祥太ら注目の若手俳優が顔を揃える。

この日撮影されたシーンは、グラウンドでのハードな練習風景。キャスト陣は同年代ということもあってか、撮影の合間にサッカーボールを蹴って遊んだり、ストレッチをしながらじゃれあったりと和気あいあい。撮影を通してすっかり親交を深めた様子だ。

撮影後に行われた会見には、陸上部のメンバーのほか、陸上部のマドンナ的存在を演じる水沢エレナも参加。キャスト陣は本作への意気込みについて「ドキュメンタリー的な要素があるので、みんなで一緒に過ごしたり走ったりする時間を大事にしながらやりたい」(小出)、「天才ランナーに近づけるように撮影中も日々練習しています」(林)、「唯一の女の子なので戸惑うことが多いけど、精一杯やりたい」(水沢)、「(日本語で)良いチームワークです」(カーバー)とそれぞれコメント。また大森監督は、「箱根駅伝には“人間の孤独と絆”という普遍的なテーマが内包されていると思う。そういったことを踏まえた上質な人間讃歌にしたい」と作品への想いを語った。

風が強く吹いている」は2月にクランクアップ予定、秋に全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi