堀部圭亮監督が内野聖陽らの絶賛に感慨深げ。「悪夢のエレベーター」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月6日 > 堀部圭亮監督が内野聖陽らの絶賛に感慨深げ。「悪夢のエレベーター」会見
メニュー

堀部圭亮監督が内野聖陽らの絶賛に感慨深げ。「悪夢のエレベーター」会見

2009年10月6日 11:28

デビュー作で大成功の予感「悪夢」

デビュー作で大成功の予感
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 構成作家で俳優の堀部圭亮の映画監督デビュー作「悪夢のエレベーター」のプレミア会見が10月5日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われ、堀部監督をはじめ、主演の内野聖陽佐津川愛美モト冬樹斎藤工が出席した。

原作は、全3部作で累計40万部を突破した木下半太の人気小説「悪夢」シリーズの第1弾「悪夢のエレベーター」。エレベーターに閉じ込められたクセ者男女4人(内野、佐津川、モト、斎藤)が、助けを呼べない密室状態で、緊迫した駆け引きを繰り広げるサスペンス調のコメディだ。

出所したての泥棒を演じた内野は、「シナリオの構成力が見事。しかも俳優さん(堀部)が撮ると聞いて面白いものになるんじゃないかと思い、出演を即決しました」と称賛。密室空間での芝居の組み立てに迷いながらも、「監督がリハーサルを重ねてくれたので、密室ならではのいやーな感じを体感しながら演じることができました」と振り返った。

佐津川は、「順撮りで進めていただいたので、自然な感情で演じられました。監督がスタッフの皆さんに信頼されているので、とても楽しい現場でした」と告白。その後は、「監督の人柄で心地よい現場でした。監督の次回作ならエキストラでもいいから出たいです」(斎藤)、「役者の気持ちも分かる人なので、演じやすかったです。(お手本の)演技がうますぎて、頭にくることもありましたけど」(モト)と堀部監督賛歌を繰り広げた。当の堀部監督は、「作品が完成したのは、素晴らしい原作とキャスト・スタッフに助けていただいたから。一番感動しているのは僕かもしれない」と感慨深げな表情だった。

悪夢のエレベーター」は10月10日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi