閉所恐怖症の鳥居みゆき、エレベーター内で映画鑑賞!「悪夢のエレベーター」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月10日 > 閉所恐怖症の鳥居みゆき、エレベーター内で映画鑑賞!「悪夢のエレベーター」
メニュー

閉所恐怖症の鳥居みゆき、エレベーター内で映画鑑賞!「悪夢のエレベーター」

2009年9月10日 12:00

理解してくれるのは夫だけ?「悪夢のエレベーター」

理解してくれるのは夫だけ?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エレベーターに閉じ込められた男女4人の人間模様を描いた、俳優兼構成作家・堀部圭亮の長編監督デビュー作「悪夢のエレベーター」。本作のテーマに絡めて、お笑いタレントの鳥居みゆきが「エレベーター内耐久試写会」に挑戦するイベントが、9月9日、東京・神田のスタジオバックで行われた。

本作は、26万部を売上げた木下半太の同名小説が原作。浮気相手のマンションのエレベーターに閉じ込められた小川(斎藤工)が、助けを呼ぶ手段のない状況の中で乗り合わせたクセ者3人(内野聖陽佐津川愛美モト冬樹)と過ごすうち、思わぬ事件に巻き込まれるというサスペンス・コメディだ。

エレベーターの中で、現役エレベーターガール3名とともに映画を観賞した鳥居は、エレベーターガールの衣装でマスコミの前に姿を現わし、「普段着ですみません。生まれたままの姿なので、着心地は抜群。二度と着たくないです」と意味不明なコメント。閉所恐怖症のようで、「女ばかりで密室に閉じ込められて、本当に悪夢でした」と毒を吐き、「ワンルームなので、このまま閉じ込められたら住民票移さなきゃ、とか考えていました」など独特のボケを連発していた。

嘘がキーワードとなっている本作にちなみ、鳥居は「人間は誰も信じていません。自分だけ信じています。嘘ですけど」と支離滅裂なトークを展開。主人公が浮気中という設定に絡め、夫が浮気したらどうするか記者に聞かれると「ほっときます。私も私のことが好き。だから浮気!」とかなり強引な持論を繰り広げた。さらに「(夫婦間の)会話はありません」と暴露し、夫婦でエレベーターに閉じ込められたら?という問いには「最悪だ!」と叫んでいた。

悪夢のエレベーター」は10月10日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi