「2012」冒頭53分を特別上映!ジョン・キューザック「契約で、結末は言えない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月1日 > 「2012」冒頭53分を特別上映!ジョン・キューザック「契約で、結末は言えない」
メニュー

「2012」冒頭53分を特別上映!ジョン・キューザック「契約で、結末は言えない」

2009年10月1日 17:55

本編の約1時間分を見せる太っ腹「2012」

本編の約1時間分を見せる太っ腹
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」などディザスタームービーの第一人者として知られるローランド・エメリッヒ監督が再び地球滅亡の危機を描いた「2012」(11月21日公開)。冒頭53分に及ぶフッテージ上映が、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、エメリッヒ監督と主演のジョン・キューザックキウェテル・イジョフォー、脚本&製作&作曲を担当したハラルド・クローサーが舞台挨拶を行った。

映画は、「2012年12月21日に地球が滅亡する」という古代マヤ文明の予言が現実となる世界で、崩壊しかけた家族を必死で守ろうとする売れない作家ジャクソン(キューザック)や、できるだけ多くの人々を救おうと奮闘する地質学者エイドリアン(イジョフォー)らの姿を壮大なスケールで描く。

映画の3分の1にあたる映像を惜しげもなく披露したエメリッヒ監督は、「スペクタクルのみならずキャラクターに真実味があり、非常に誇りに思える作品に仕上がった」と自信をのぞかせた。主演のキューザックは、「もちろんVFX技術もすごいけれど、ローランドとハラルドによるキャラクター造形も素晴らしくて、この両方をこなせる人はなかなかいないと思う」と製作者側を絶賛し、エメリッヒ監督も「僕とハラルドはジョンの出演している『セイ・エニシング』(キャメロン・クロウ監督)の大ファンで、ジョンがこの作品に参加してくれたことをとても光栄に思っているよ」と笑顔で話した。

どのキャラクターが生き残るのか、想像のつかない展開でフッテージは終了。興奮した記者から「誰が生き残るのか?」という質問が投げられると、イジョフォーは「僕の役は誰を救うべきなのか道徳的な疑問を持つけれど、後半では厳しい決断を迫られるよ」と明かし、キューザックは「言えない。そう契約書にサインしたからね(笑)。ただ、この映画は本当に最後まで何が起こるか予測できないところが優れていると思うよ」と締めくくった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi