2012
ホーム > 作品情報 > 映画「2012」
メニュー

2012

劇場公開日

解説

「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督が手がけるディザスター・ムービー。古代マヤ文明の暦が終わる2012年12月21日に地球が滅亡するという予言を題材に、世界中で地震や津波などの大災害が起こる中、必死に生き延びようとする人々を描く。ジョン・キューザックが家族を守ろうと奮闘する主人公に扮し、キウェテル・イジョフォー、ダニー・グローバー、ウッディ・ハレルソンらが脇を固める。

作品データ

原題 2012
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 158分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

「2012」で体験する、“初めての衝撃”!
特集

西暦2012年、古代マヤ文明が予言した世界の終末が現実となり、世界中で大地震、大津波、大噴火といった天変地異が発生する。この未曾有の危機に直面した人間たちは何ができるのか、何を残せるのか? 11月21日より公開されるローランド・エメリ...特集

インタビュー

ジョン・キューザック&キウェテル・イジョフォー インタビュー(1)
インタビュー

「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」などディザスター・ムービーの第一人者として知られるローランド・エメリッヒ監督が、古代マヤ文明の世界終末予言を大スペクタクルで描く「2012」。離婚を機にバラバラとなってしまった家...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

従来のディザスター映画が描かなかった部分に踏み込んだ力作
2012の映画評論・批評

ディザスター映画の名手、ローランド・エメリッヒ監督の集大成ともいえる話題作。人類の大半が本当に命を落とす大災害の凄まじい描写をはじめ、従来のディザスター映画が描かなかった部分に踏み込んだ力作だ。太陽ニュートリノが変異し、地球のコアを過...2012の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全108件)
  • 呆気なく死んで行く 主人公家族だけ見たら良かったなぁと思うけど、周りの人間があっさり酷く死んで行く事に、人の屍を越えて行けではないけど、こうまでして生き残らなければならないのか?と変に考えさせられた。 家族と別居状... ...続きを読む

    奥嶋ひろまさ 奥嶋ひろまささん  2016年12月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 個人的には好き ネタバレ! この日の3日前くらいにみて、また最近見ました。パニック映画好きだから、めちゃめちゃ楽しめました。 予想してないとこで予想してない人が死んだりしていい展開だと思いました。 それにしても監督さん、タ... ...続きを読む

    511kcal 511kcalさん  2016年12月3日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すごいCG ちょっとやり過ぎやけど、すごい天災映像。 カリフォルニアダウンは州レベルやけど、こいつは地球規模。 ...続きを読む

    JK JKさん  2016年9月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

2012 2012 2012 2012
2012 2012 2012 2012
2013年11月26日 2017年2月22日 2016年12月5日 2016年11月16日
¥300 ¥300 ¥300 ¥650
Amazonビデオ iTunes Google Play Netflix
1ヵ月無料
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi