ユマ・サーマン、新作でウガンダの少女兵を救った実在の修道女に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月22日 > ユマ・サーマン、新作でウガンダの少女兵を救った実在の修道女に
メニュー

ユマ・サーマン、新作でウガンダの少女兵を救った実在の修道女に

2009年7月22日 12:00

多くの少女たちを救った修道女役に

多くの少女たちを救った修道女役に
Photo:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ユマ・サーマンが、ウガンダ北部内戦をテーマにした映画「ガール・ソルジャー(原題)」に主演することになった。米バラエティ誌が報じたもので、サーマンは実在の修道女を演じる。

原作は、カナダ人ジャーナリスト、キャシー・クックによるノンフィクション「Stolen Angels」。96年、ウガンダの反政府武装勢力「神の抵抗軍(LRA)」がアボケの寄宿学校から139人の少女を誘拐した事件を追ったものだが、LRAは80年代後半から現在までに推定約2万人の子供たちを拉致、兵士や性的奴隷にしたとして、国際的な批判の対象となっている。

96年当時、同校の校長だったシスター・キャロライン(サーマン)は、武装勢力の陣営に乗り込んで110人の少女の救出に成功。さらに、その後数年をかけて、LRAに拉致された全ての子供たちの救出のために、ウガンダ政府や国連、ローマ教皇への働きかけを行った。

サーマンは、「こんなにも多くの少年・少女兵がいるという現実が、欧米のメディアでほとんど報じられていないのは何故なのか、理解に苦しみます。この映画は作られなければならない」と、本作への意欲を語った。

本作はカスピアン・ピクチャーズの製作で、同社の創設者でもあるプロデューサー兼監督のウィル・レイがメガホンを取る。脚本は新人のステファニー・ピノラ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi