全てはウィノナ・ライダーの妄想?「ヘザース」続編はなしと監督が明言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月6日 > 全てはウィノナ・ライダーの妄想?「ヘザース」続編はなしと監督が明言
メニュー

全てはウィノナ・ライダーの妄想?「ヘザース」続編はなしと監督が明言

2009年7月6日 12:00

ウィノナの断言に周囲は困惑…「ヘザース ベロニカの熱い日」

ウィノナの断言に周囲は困惑…
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウィノナ・ライダーが雑誌のインタビューで断言したことから噂になっていた、ティーン・ブラックコメディの傑作「ヘザース/ベロニカの熱い日」(89)の続編の可能性について、同作のマイケル・レーマン監督が「そういう話はない」と完全否定した。

主演のウィノナ・ライダーとクリスチャン・スレーターを一躍スターダムに押し上げた同作は、我が物顔で高校を牛耳る“ヘザース”と呼ばれる特権グループのせいで、鬱屈した学園生活を送るヒロインのベロニカが、転校してきた反逆児J.D.と共にヘザースへの復讐を開始するというストーリー。ダークな学園コメディの先駆的作品として、カルト的な人気を誇る1本だ。

続編の噂に火がついたのは、ライダーが6月に英エンパイア誌のインタビューで次のように語ったため。「続編は進行中よ。誓ってもいい。クリスチャンの出演も決まっているし、ストーリーも出来ているの。ただどういうわけか、ダン(・ウォータース/脚本家)もマイケル(監督)もその話をしたがらないのよ」

しかしレーマン監督は、米映画サイトMovielineとのインタビューでこの噂を否定。「ウィノナが続編の話を持ち出してくるのはいつものことで、ダンも僕もそれをジョークにしているぐらいなんだ。ただ今回、かなり報道されていたので、自分抜きで企画が進行しているのかと思ったが、ダンも何も知らないと言っていた。とにかく、自分の知るかぎり、脚本も出来ていないし、続編の話はないよ」とのこと。

レーマン監督はまた、「みんなが続編を期待してくれることはうれしいが、あれだけ特殊な設定の映画の続編などありえないし、個人的には続編という考え方自体が好きじゃない」と自身の信条を語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi