ハラキリする日本に警鐘を鳴らすドキュメンタリー「未来の食卓」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月25日 > ハラキリする日本に警鐘を鳴らすドキュメンタリー「未来の食卓」会見
メニュー

ハラキリする日本に警鐘を鳴らすドキュメンタリー「未来の食卓」会見

2009年6月25日 12:00

スローフードの重要性を訴えた監督「未来の食卓」

スローフードの重要性を訴えた監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 南仏の小さな村を通じ、オーガニック食品と有機農業の必要性を訴えるドキュメンタリー「未来の食卓」。監督のジャン=ポール・ジョーが来日し、6月24日、東京・飯田橋の日仏学院にて記者会見を行った。

映画は、村長と村民の熱心な取り組みで小学校の給食を全てオーガニック化することに成功したフランスのバルジャック村を通じ、食物汚染や環境汚染について考察するドキュメンタリー。

九州の合鴨農法取材のため来日したジョー監督は、日本について「以前は“黒澤明の国”という印象しかなかったが、自然が美しく気候も温暖で、地球上で最も洗練された国の1つだと思う。合鴨農法は、生物多様性を守るために非常に有効な農法だ」と絶賛する一方で、「産業大国に共通することだけど、日本は地球の大切な遺産を壊し、まさに切腹しようとしている」と、ユニークな表現で日本の現状に警鐘を鳴らした。

また、ギャル・マーケティングの先駆者で若手実業家の藤田志穂と民主党参議院議員のツルネン・マルテイが映画の応援に駆けつけた。秋田県で「シブヤ米」作りに取り組んでいる藤田は「難しい問題だけど、若い人たちが食について考えるキッカケになればといいと思う」と話し、有機農業推進議員連盟の事務局長を務めるマルテイも「今まで見た多くの有機農業に関する映画の中でも一番感動した。たくさんの人に見てもらいたい」と熱心に作品をPRした。

未来の食卓」は8月上旬より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi