古典ホラー「フランケンシュタインの花嫁」をユニバーサルがリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月19日 > 古典ホラー「フランケンシュタインの花嫁」をユニバーサルがリメイク
メニュー

古典ホラー「フランケンシュタインの花嫁」をユニバーサルがリメイク

2009年6月19日 12:00

カルトファンに人気の「フランケンシュタインの花嫁」「フランケンシュタインの花嫁」

カルトファンに人気の「フランケンシュタインの花嫁」
Photo:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 35年の古典モンスター映画「フランケンシュタインの花嫁」(ジェームズ・ホエール監督)をユニバーサルがリメイクすると、米ハリウッド・レポーター誌が報じた。リメイク版の監督・脚本候補として、エドワード・ノートン主演の「幻影師アイゼンハイム」(06)のニール・バーガー監督が交渉に入っているという。

オリジナルは、31年の映画「フランケンシュタイン」の続編。怪物フランケンシュタイン(ボリス・カーロフ)に、悪の科学者が花嫁(エルザ・ランチェスター)を造って与えるというストーリー。

ユニバーサルがだいぶ前から進めているこの「フランケンシュタインの花嫁」リメイク企画だが、実はかなりの紆余曲折を経ている。5年前には、「アメリカン・スプレンダー」の脚本家コンビ、シャリ・スプリンガー・バーマンロバート・プルチーニが、舞台を現代のニューヨークに置き換えた脚本を書いていたというが、実現には至らず。「スパイダーマン」のスピンオフ企画「ヴェノム」の脚本家に抜擢されたジェイコブ・エステスも、ある時点で関わっていたようだ。なお、今回のバーガー版は、それとはまったく違うものになると見られている。

メアリー・シェリーの原作「フランケンシュタイン」は、これまでにも何度となく映画化されているが、「花嫁」については、それをモチーフにしたスティングとジェニファー・ビールスの共演作「ブライド」(85)があるものの、厳密には今回が初リメイクとなる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi