“セクシー”と言われるのは「バカバカしい」?ミーガン・フォックスを直撃 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月19日 > “セクシー”と言われるのは「バカバカしい」?ミーガン・フォックスを直撃
メニュー

“セクシー”と言われるのは「バカバカしい」?ミーガン・フォックスを直撃

2009年6月19日 12:00

セクシーな演技派女優を目指して「トランスフォーマー リベンジ」

セクシーな演技派女優を目指して
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マイケル・ベイ監督による大ヒットアクションの続編「トランスフォーマー/リベンジ」(6月19日公開)で、前作に続きヒロインのミカエラを演じたミーガン・フォックスに話を聞いた。

セクシーな美少女だがメカにも強いミカエラ役でブレイクしたミーガン。前作でもクライマックスで自ら戦いに飛び込んでいったが、本作でもさまざまなアクションシーンに挑戦。クライマックスとなるエジプトでの撮影は、監督の過酷な要求のせいもあって、かなり苦労を強いられたようだ。

「砂漠をブーツで走らなきゃいけないのは大変だったし、小さなシーンなんだけど、私とシャイア(・ラブーフ)が砂丘を下りて街に入っていくところでは、何度も砂丘を上ったり下りたりした。マイケル(・ベイ)は待つのが嫌いだから、急いで走って砂丘の上に戻らなきゃいけないし。それを全部で8回も繰り返したの。マイケルは専用のテントで涼んでいるのに、私たち俳優は座ることも許されなくて……それってとてもクレイジーよね(笑)」

前作の大ヒットで人気が急上昇し、「匿名性がなくなった」と環境の変化について話すミーガン。「誰の目も気にせずに買い物したい時もあるけど、それもままならなくなってきてる。いつも写真に撮られるんじゃないかって思いながら生活するのは大変ね」


「トランスフォーマー/リベンジ」のミーガン「トランスフォーマー リベンジ」

「トランスフォーマー/リベンジ」のミーガン
(C)2008 DreamWorks LLC and Paramount Pictures.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

アメリカでは男性誌FHMが発表する“世界一セクシーな美女”にも選ばれたが、「そういうのは、雑誌が自分たちの商品を売りたいために言ってるだけ」とバッサリ。

「すごくバカバカしいことだけど、雑誌が売れるように毎年違う女性をリストアップしてるのよ。だから私はそのことには影響されない。ただ、今の私がセクシーと言われるばかりで、演技で認められていないとしたら、それは自分の責任だと思ってるわ。これまで演技力を必要とする映画に出ていないから、“演技力についてもっと見て”とは言えないのよ」

今秋には、昨年「JUNO/ジュノ」でアカデミー脚本賞を受賞したディアブロ・コーディの脚本による初主演作「ジェニファーズ・ボディ」も全米公開。セクシーさに加えて、演技力の面でも新たな顔を見せてくれるか、今後の活躍にも注目したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi