アルモドバル監督が「神経衰弱ぎりぎりの女たち」を米TVシリーズ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月27日 > アルモドバル監督が「神経衰弱ぎりぎりの女たち」を米TVシリーズ化
メニュー

アルモドバル監督が「神経衰弱ぎりぎりの女たち」を米TVシリーズ化

2009年4月27日 12:00

ペネロペはじめ、女性に大モテですが…「神経衰弱ぎりぎりの女たち」

ペネロペはじめ、女性に大モテですが…
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スペイン人監督ペドロ・アルモドバルが、87年の映画「神経衰弱ぎりぎりの女たち」を米FOXネットワークにてTVシリーズ化し、そのプロデュースを務めることが米ハリウッド・レポーター誌より発表された。

その脚本家に雇われたのは、米ABCの人気医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」のミミ・シュミーア。4時間のミニシリーズになる模様で、彼女によると、「仲良く長年つき合っている女性たちのグループを描いた郊外型ドラマ」になるという。

アルモドバル監督・脚本によるカルメン・マウラアントニオ・バンデラス主演のオリジナル映画「神経衰弱ぎりぎりの女たち」は、スペイン・マドリードを舞台に、恋人に捨てられた声優の女性など、恋に悩む女性たちの心理のあやを風刺たっぷりに映し出したブラックコメディで、世界的にヒットしたベネチア国際映画祭脚本賞受賞作。

同監督の作品が脚色された例としては、07年にロンドンで舞台化された「オール・アバウト・マイ・マザー」(98)がある。

アルモドバル監督の新作は3月にスペインでプレミアが行われた「ブロークン・エンブレイシズ」で、来月のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品される。主演は「ボルベール/帰郷」のペネロペ・クルスで、アカデミー助演女優賞を受賞した「それでも恋するバルセロナ」(6月27日公開)でも魅了した黒髪をブロンドに染め、セクシーな美女として登場する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi