クリストファー・ノーラン監督のSFスリラーに、マイケル・ケインが出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月27日 > クリストファー・ノーラン監督のSFスリラーに、マイケル・ケインが出演
メニュー

クリストファー・ノーラン監督のSFスリラーに、マイケル・ケインが出演

2009年4月27日 12:00

これで4作目のコラボとなる ノーラン監督とはすっかり仲良し「バットマン」

これで4作目のコラボとなる
ノーラン監督とはすっかり仲良し
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン監督がレオナルド・ディカプリオ主演で描くSFアクションスリラー「インセプション」(2010年夏全米公開)に、同監督の「バットマン・ビキンズ」「ダークナイト」でウェイン家の執事アルフレッド・ペニーワースを演じた名優マイケル・ケインが出演することが分かった。

新作(「Is Anybody There?」)のプロモーションをしていたケインが映画情報サイトIn Contentionに明かしたもので、「その映画でちっちゃな役を得たよ。クリスと私は仲のいい友だち同士だからね。たぶん3日ほど働くよ。すばらしい作品になると思うから、楽しみにしてほしい。もしも付け加えるなら、彼(ノーラン監督)は私を殺すつもりらしい(笑)」と冗談めかして答えた。

また、同作について米ハリウッド・レポーター誌がキャスティングの変更を発表。当初ジェームズ・フランコがやる予定だった役が、「BRICK ブリック」のジョゼフ・ゴードン=レビットに交代された。降板の理由は、スケジュールの問題だという。

ノーラン監督が脚本を執筆した同作で、ディカプリオは会社名は不明だがCEOを、ゴードン=レビットはその助手を演じる。マリオン・コティヤール(「エディット・ピアフ/愛の讃歌」)がディカプリオの妻を、エレン・ペイジ(「JUNO/ジュノ」)が大学院生を演じる。さらに、「バットマン」シリーズで“スケアクロウ”を演じたキリアン・マーフィも出演する。

ゴードン=レビットは主演作「ブリック」で高校生探偵を演じて注目を浴びた28歳の新鋭俳優。スパイク・リー監督の戦争ドラマ「セントアンナの奇跡」(夏公開)のほか、今年のサンダンス映画祭で話題を集めたフォックスサーチライトのロマンチック・コメディ「500 Days of Summer」(7月17日全米公開)、ハズブロのフィギュアを実写映画化したパラマウントの超大作「G.I.ジョー」(8月7日全米公開)で悪役コブラを演じている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi