深夜2時22分の舞台挨拶に小栗旬ら登場!「クローズZERO II」完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月23日 > 深夜2時22分の舞台挨拶に小栗旬ら登場!「クローズZERO II」完成
メニュー

深夜2時22分の舞台挨拶に小栗旬ら登場!「クローズZERO II」完成

2009年2月23日 12:00

深夜でもボルテージは最高「i & i」

深夜でもボルテージは最高
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 07年に大ヒットし、不良映画ブームの火付け役となった「クローズZERO」の続編「クローズZERO II」(三池崇史監督)が完成。

第2作にちなんで“2並び”の2月22日深夜午前2時22分に上映開始された「CZII THE BLACK FESTA 2 22 2: 22」と題された異例の完成披露試写会が行われ、主演の小栗旬やべきょうすけ金子ノブアキ高岡蒼甫深水元基山田孝之、三池監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は、高橋ヒロシのベストセラーコミック「クローズ」を下敷きに、その世界観をオリジナルストーリーで描いた不良映画。鈴蘭高校のトップに立った滝谷源治(小栗)が、鳴海大我(金子)率いる鳳仙学園との全面抗争に挑むというストーリーだ。

個性的なキャストを束ねあげた三池監督は「後悔しない作品になっている」と自信のほどをアピール。前日に完成版を見たばかりだという小栗らも、「『I』に勝る『II』ができた」(小栗)、「最強の作品が『クローズZERO』なら『クローズZERO II』は最高の作品」(やべ)、「『I』をやったから『II』もやったというような作品ではない」(山田)と、一様に胸を張った。

さらに、前作とは異なり、バラバラに撮影することが多かったという撮影を振り返り、撮影のすべてを見てきたというやべが「小栗くんは、不安や不満を口にすることなく、すべて背負ってやり切った。山田くんは、どこからどこまでが山田孝之で、芹沢多摩雄(役名)なのか理解できない境地まで行っていた」と明かすと、三池監督も「小栗くんの切替えは僕らには真似できない」と大絶賛。さらに、「監督としては、『I』で出来上がったキャラクターが、1年経って別人のように成長していることにドキドキした」と、監督としての喜びを語り、本作の出演を機にブレイクした俳優陣の成長に目を細めていた。

クローズZERO II」は、4月11日全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi