「猟奇的な彼女」チョン・ジヒョン、セーラー服&日本刀で小雪とバトル : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月13日 > 「猟奇的な彼女」チョン・ジヒョン、セーラー服&日本刀で小雪とバトル
メニュー

「猟奇的な彼女」チョン・ジヒョン、セーラー服&日本刀で小雪とバトル

2009年2月13日 12:00

猟奇的な彼女VS吸血鬼・小雪「猟奇的な彼女」

猟奇的な彼女VS吸血鬼・小雪
(C) 2009, East Wing Holdings Corp. and SAJ. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」の韓国人女優チョン・ジヒョンがセーラー服に身を包み、人間社会に身を潜めた吸血鬼を日本刀でなぎ倒す謎の少女サヤに扮し、「ラスト・サムライ」の小雪とバトルを繰り広げるアクション「ラスト・ブラッド」(クリス・ナオン監督)の公開が、5月29日に決定した。

本作は、00年に押井守企画でプロダクションI.Gが製作した「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の実写化作品で、香港・フランス合作の全編英語劇。小雪は原作にはないオリジナルの究極の吸血鬼に扮する。原作はゲーム化や小説化、TVシリーズ化もされた人気作品で、ジェームズ・キャメロンクエンティン・タランティーノも絶賛。タランティーノに至っては、サヤ(原作では“小夜”)をモチーフに「キル・ビル」で栗山千明が演じた“ゴーゴー夕張”を生み出し、同作のアニメパートをプロダクションI.Gに依頼したことでも知られている。

映画の舞台となるのは1966年の東京だが、その雰囲気を再現するために、当時の地下鉄丸ノ内線の車両(「007は二度死ぬ」で丹波哲郎演じるタイガー田中の秘密基地として使われた、白いラインの入った赤い車両)が現在も走っているアルゼンチンのほか、中国・雲南省などで撮影が行われた。プロデューサーは「グリーン・デスティニー」のビル・コン。アクション監督を「トランスポーター」「X-メン」のコーリー・ユンが手がけている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi