アッキーナが走りのプロ・土屋圭市に完全勝利。「デス・レース」イベント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月28日 > アッキーナが走りのプロ・土屋圭市に完全勝利。「デス・レース」イベント
メニュー

アッキーナが走りのプロ・土屋圭市に完全勝利。「デス・レース」イベント

2008年11月28日 12:00

ドライブ好きには大人気「デス・レース」

ドライブ好きには大人気
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソン監督と「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムがタッグを組んだ「デス・レース」。11月27日、東京・銀座の博品館にて行われた本作の公開記念イベントに、タレントの南明奈とレーサーの土屋圭市が参加した。

本作は、75年のカルトヒット作「デス・レース2000年」のリメイク版で、孤島の刑務所に収容された凶悪犯たちが繰り広げる“死のレース”を描いたカーアクション。これまで数々のデッドヒートを繰り広げてきた“走りのプロ”土屋は、「車の映像はもちろん、CGの使い方も上手いしストーリーも面白かった」と本作に太鼓判を押した。

この日のイベントでは、同店TOY PARK内に設置されたスロットカーのサーキット・RACING PARKで、“東京デス・グランプリ”と題したレース大会を開催。決勝戦を観戦した南と土屋は、優勝者と並んでウイニングランを行うことになったが、スロットカー初挑戦の南はコントローラーを握ると一気にヒートアップ。3台で並走するはずが、いつの間にか南の独走状態となり、見事なコントロールで土屋にも“完全勝利”を収めた。

本物の車を運転するのも大好きだという南は、「買い物に行ったり、両親を乗せて出かけたりしています。私、運転が上手いんですよ。デートでも自分でハンドルを握りたいです」と、自身の運転テクニックに自信満々。土屋から「一般乗用車でもサーキットを走ることが出来る」と聞くと、「ぜひ走ってみたいです! 助手席には、土屋さんみたいに的確なアドバイスをくれる男性に乗って欲しいですね」と目を輝かせた。

デス・レース」は11月29日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi