紅白司会の中居&仲間、「私は貝になりたい」初日にファンから揉みくちゃ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月25日 > 紅白司会の中居&仲間、「私は貝になりたい」初日にファンから揉みくちゃ!
メニュー

紅白司会の中居&仲間、「私は貝になりたい」初日にファンから揉みくちゃ!

2008年11月25日 12:00

[映画.com ニュース] 主演の中居正広による全国28カ所を行脚する大規模な全国キャンペーンや、趣向を凝らしたイベント試写会で注目を集めてきた「私は貝になりたい」。フランキー堺主演による50年前のTV黎明期の傑作ドラマの4度目の映像化となる同作が、11月22日に初日を迎え、東京・有楽町の日劇1にて舞台挨拶が行われた。

中居正広ほか、仲間由紀恵笑福亭鶴瓶石坂浩二柴本幸、音楽の久石譲、脚本の橋本忍福澤克雄監督は、Mr.Childrenの主題歌「花の匂い」のイントロとともに劇場後方の扉から登場。大歓声を上げる観客の中を通り抜け、舞台に登壇した。

「もうちょっと優しくしてほしかった(苦笑)」(中居)という観客の握手攻めには、妻役の仲間も大感激で「こんなに盛り上がった舞台挨拶は初めてです」と感想を漏らした。舞台挨拶に急遽参加することになったという脚本家の橋本は、「羅生門」から「七人の侍」を経て「どですかでん」に至るまでの故・黒澤明監督作品の数々の傑作をものにしてきたが、50年前には師匠である黒澤監督に不評だったという脚本の改訂をついに果たしたという念願が叶い、「20年、30年、50年たったら、また誰かが書き直して新しいものができると思う。つまり、豊松の涙は永遠のものなんです」と語った。

良き夫であり、良き父である普通の男=清水豊松が、第2次世界大戦に出征し、戦犯容疑により不条理な死を迎えていくという同作。豊松を熱演した中居は、「世界で、戦争がまったくないという時代はない。今も世界のどこかで豊松のような不条理な想いをしている人間がいるということを、日本人は頭に置いておかないといけない」と、長い長いキャンペーンの最後をそう締めくくった。

なお、24日には12月31日の大晦日に放送される第59回NHK紅白歌合戦の司会を、中居と仲間が務めることが発表された。2人の共演は06年以来だが、中居は「この“夫婦”で、夫婦ゲンカじゃないですががんばっていきたい」と意気込みを語っている。

私は貝になりたい」は全国公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi