P・ヒルトンとC・ランプリング、奇才トッド・ソロンズ監督作で共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月14日 > P・ヒルトンとC・ランプリング、奇才トッド・ソロンズ監督作で共演
メニュー

P・ヒルトンとC・ランプリング、奇才トッド・ソロンズ監督作で共演

2008年11月14日 12:00

近頃、めっきりおとなしい「ハピネス」

近頃、めっきりおとなしい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ウェルカム・ドールハウス」(95)、「ハピネス」(98)等のダークコメディで知られるトッド・ソロンズ監督が準備中の新作(タイトル未定)のアンサンブルキャストが明らかになった。

プロデューサーいわく「『ハピネス』の続編であり、バリエーションでもあり」という同作は、戦時下の家族を中心にしたドラマチック・コメディ。米ミネソタ州ミネアポリスを拠点にする新興の製作会社Werc Werk Worksが手がける第1弾作品。

とはいえ今回発表になったキャストの中に「ハピネス」に出演したフィリップ・シーモア・ホフマンララ・フリン・ボイルらの名はなく、代わりに、大女優シャーロット・ランプリング(「まぼろし」「愛の嵐」)、アリソン・ジャネイ(「JUNO/ジュノ」)、ピーウィー・ハーマンことポール・ルーベンス、そしてなんとパリス・ヒルトンという強烈に個性的でバラバラなキャストが集まった。

いったいソロンズ監督の毒がどうパリスに作用するのか、期待と不安をもってニュースを受け止めたファンも多いようだ。

その他のキャストも実力派揃いで、キアラン・ハインズ(「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」)、シャーリー・ヘンダーソン(「ダブリン上等!」)、レニー・テイラー(「アルフィー」)、マイケル・ラーナー(「バートン・フィンク」)、マイケル・ケネス・ウィリアムズ(「沈黙の傭兵」)、シャネット・ジョンソン、エリック・ウェアハイム、クリス・マルケットらの名前が発表されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi