ジャック・ブラックがバミューダ・トライアングルへ。現代版「ガリバー旅行記」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月7日 > ジャック・ブラックがバミューダ・トライアングルへ。現代版「ガリバー旅行記」
メニュー

ジャック・ブラックがバミューダ・トライアングルへ。現代版「ガリバー旅行記」

2008年11月7日 12:00

かなり笑える 「ガリバー」になりそう「ガリバー旅行記」

かなり笑える
「ガリバー」になりそう
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジャック・ブラックが、ジョナサン・スウィフトによる風刺文学「ガリバー旅行記」の、20世紀フォックス製作による映画版に主演することが決まった。

医師でありトラベルライターであるレミュエル・ガリバー(ブラック)が、魔のバミューダ・トライアングルに旅立ち、知られざる国リリパットの小さな国民から巨人として扱われる不思議体験をするという、有名な物語の映画化だ。なお、原作の第1編「リリパット国渡航記」は1699年5月~1702年4月の冒険旅行が描かれるが、映画版では現代に移した物語になるという。

同作は、アニメ「シャーク・テイル」の監督ロブ・レターマンがメガホンを取る予定。また、コメディ「寝取られ男のアブ♂バカンス」(12月20日公開)のニコラス・ストーラー監督と、アニメ「シュレック」の脚本家ジョー・スティルマンが共同で脚本を執筆する。撮影開始は来年3月の予定だが、ロケーションなどは発表されていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi