この冬「ハリポタ」は1回休み。代打に指名された映画2本とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月4日 > この冬「ハリポタ」は1回休み。代打に指名された映画2本とは?
メニュー

この冬「ハリポタ」は1回休み。代打に指名された映画2本とは?

2008年9月4日 12:00

この大きな穴を、魔法で埋めて!「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

この大きな穴を、魔法で埋めて!
(C) 2008 Warner Bros. Ent.
Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 当初、今年の11月に公開される予定だった「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が、09年の夏に延期になったことは、ハリウッド始め世界中の興行関係者に大きな打撃を与えている。

ここ日本でも状況はまったく一緒で、「謎のプリンス」は、興収100億円前後が確実に計算されるドル箱シリーズの1本として、丸の内ピカデリー1を筆頭とする松竹・東急系の劇場を中心に、この11月22日から09年2月上旬頃までの拡大公開が予定されていた。が、この度の公開延期で、興行側の目論見は完全に狂ってしまった。

もちろん、「ハリポタ」級の大作映画はそう簡単に取り替えが効くはずもなく、この100億円の穴を埋めるのはとうてい無理。だが、何かが「ハリポタ」の代役を務めなければならない。

そこで、当初「ハリポタ」が予定していた興行期間に、2本の映画があてがわれることになった。まず、11月22日に丸の内ピカデリー1系で封切られるのが「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」。ベン・スティラーが監督し、自身の他にジャック・ブラックロバート・ダウニー・Jr.らが出演する戦争コメディ。全米では8月に公開され、もうすぐ1億ドルに達しそうなヒット作である。

もう1本は、リドリー・スコット監督がレオナルド・ディカプリオラッセル・クロウを迎えて撮ったスパイ・アクション「ボディ・オブ・ライズ」。全米で10月公開の同作が、12月20日から同じく丸の内ピカデリー1系で公開される。この作品は、当初「ハリポタ」の後、正月2弾で公開が予定されていた作品だが、2カ月以上繰り上がっての公開となる。

何とか、2本合わせて100億円の穴をできるだけ埋めて欲しいものである。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi