「ハリポタ」公開延期で、親会社の雑誌がとんだ赤っ恥! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月19日 > 「ハリポタ」公開延期で、親会社の雑誌がとんだ赤っ恥!
メニュー

「ハリポタ」公開延期で、親会社の雑誌がとんだ赤っ恥!

2008年8月19日 12:00

急な公開延期は思わぬ波紋を!「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

急な公開延期は思わぬ波紋を!
(C) 2008 Warner Bros. Ent.
Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 先週末にワーナー・ブラザースが、11月21日全米公開予定だった大ヒットシリーズ第6弾「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を来年7月公開に延期すると緊急発表したニュースは、ワーナーの親会社タイム・ワーナー社発行の情報誌エンターテインメント・ウィークリー(EW)誌にも、とんだ赤っ恥をかかせてしまったようだ。

というのも、先週末発売されたEW誌08年8月22日号は、「公開まで待てない秋映画20本」特集号。「007/慰めの報酬」「ボディ・オブ・ライズ」「オーストラリア」「レボリューショナリー・ロード」といった9月~12月に公開される話題作の中でも「謎のプリンス」を大プッシュしてトップに扱い、ダニエル・ラドクリフ演じるハリー・ポッターが表紙を飾ったばかりか、カバーストーリーとしてセット取材の詳細までレポートしていた。

これは、公開3カ月前での公開延期発表が、いかに緊急だったかを示している。ワーナー上層部は、親会社タイム・ワーナー最大発行部数の映画情報誌にまで秘密のまま発表したのだ。

今回の「謎のプリンス」公開延期の遠因には、昨年11月~今年2月まで続いた米脚本家組合(WGA)ストライキの影響が多分にあるようだ。またワーナーとしては、すでに北米興収4億7000万ドルを突破、映画史上歴代第2位のメガヒットを記録中のバットマン最新作「ダークナイト」にあやかって同じ7月に公開し、「ターミネーター4」ぐらいしか対抗馬がない来年のサマームービー戦線を圧勝する狙いがあるという。ところが、公開が11カ月も先になったのに、すでに「謎のプリンス」の追加分のスチル写真が続々と世界中の映画サイトで紹介されるなど多少混乱気味だ。

米ワーナーは「謎のプリンス」の代わりに、ステファニー・メイヤーの原作に熱狂的ファンが多い青春バンパイア映画「トワイライト」(キャサリン・ハードウィック監督)を、12月12日から11月21日に初日を前倒しして感謝祭ウィークに対処するようだ(日本では未定)。一方、米ディズニーは早速、アニメ最新作「ボルト」(マイリー・サイラスが声の出演)を感謝祭前日26日から「謎のプリンス」が不在となった21日にずらし、ガッポリ稼ぐ構えを見せている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi