渡辺大「ラストゲーム」初日に感無量!「早慶戦の歴史の一部に」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月25日 > 渡辺大「ラストゲーム」初日に感無量!「早慶戦の歴史の一部に」
メニュー

渡辺大「ラストゲーム」初日に感無量!「早慶戦の歴史の一部に」

2008年8月25日 12:00

メッセージは平和への願い!「ラストゲーム 最後の早慶戦」

メッセージは平和への願い!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 太平洋戦争下の1943年10月、学徒出陣前に行われた早稲田と慶應義塾の両大学野球部による“最後の早慶戦”を描く「ラストゲーム/最後の早慶戦」が初日を迎え、8月23日、東京・新宿バルト9にて主演で渡辺大渡辺謙の長男)や神山征二郎監督ら総勢8名が舞台挨拶を行った。

渡辺は、早慶両大学のOBを含めた場内を埋める多数の観客に向け、「作品に手応えはあったが、こうして初日を迎えるまで分からないところもあった。たくさんの方に集まってもらえてうれしい」と挨拶。一緒に登壇した共演の柄本明石坂浩二富司純子らベテラン組と、柄本佑柄本明の長男)、原田佳奈の若手組とを見渡し、「ベテランと若手がいい感じに融合できた。これ以上何を言ったらいいか……」と言葉を詰まらせ、「この初日が、早慶戦の歴史の一部になれば」と終始感慨深い様子だった。

神山監督も「監督をやって37年、こんなに緊張した初日は初めて。お客さんが入っていなかったら引退しようかと思っていた」と心中を告白。「ベストなシナリオとベストな出演者に恵まれた。あとは、それを殺さないように自分もベストを尽くした」と語った。

また、早大野球部監督(野球殿堂入りした飛田穂洲)を演じた柄本明は、「(戦時下という)負の時代だからこそスポーツにかける青春がより輝いてみえるが、今は平和な時代であるがゆえに不可解な事件も多い。平和の祭典オリンピックも行われたことだし、この映画を見て平和というものを考えてほしい」と、本作に込められた想いを代弁した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi