映画版「X-ファイル」続編、モルダーとスカリーの関係は「新たな領域に」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月4日 > 映画版「X-ファイル」続編、モルダーとスカリーの関係は「新たな領域に」
メニュー

映画版「X-ファイル」続編、モルダーとスカリーの関係は「新たな領域に」

2008年6月4日 12:00

いよいよ秘密のベールが剥がされる「X-ファイル ザ・ムービー」

いよいよ秘密のベールが剥がされる
(C)2008 Twentieth Century Fox Film Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 前作「X-ファイル ザ・ムービー」(98)から10年ぶりとなる新作SF映画「X-ファイル:アイ・ウォント・トゥ・ビリーブ(原題)」が間もなく完成する。メガホンを取っているのは、大ヒットTVシリーズ「X-ファイル」(93~02)の生みの親であるクリス・カーターだ。タイトル以外、謎のベールに包まれている本作について、カナダ・バンクーバーの撮影所でカーターに話を聞いた。

FBI捜査官モルダー(デビッド・ドゥカブニー)とスカリー(ジリアン・アンダーソン)が帰ってくる。「2人の複雑な関係は、新たな領域に突入する」と語るカーターは、新作について「怖くて気味が悪い、上質なミステリー。モルダーとスカリーの素晴らしいストーリーだ。2人の知的なロマンスのファンなら、チケット代以上のものを手にするよ」と太鼓判を押す。「『X-ファイル』はコメディのエピソード以外、どれもダークで怖いものだった。僕らは何かを見せないことで、視聴者を怖がらせたことが何度もある。新作はTVシリーズの長所を全て注ぎ込んだよ」

超常現象を扱った作品は数ある中で、本作は飛びぬけた支持を獲得し、現在も世界中のファンたちが映画の公開を待ちわびている。カーターは、「『X-ファイル』を紹介したい全く新しい観客たちがいるんだ。昔は怖くてTVを見られなかった子供たちも、今は大人になっているからこの映画を見たがるだろう」と新たな層へもアピールする。

今回は、スコットランド人俳優でコメディアンのビリー・コノリーがカトリック司祭として重要人物を演じるほか、ラッパーのイグジビットと女優アマンダ・ピートがFBI捜査官役で出演する。全米公開は7月25日、日本公開は11月7日だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi