「落語娘」主演のミムラ、稽古のし過ぎで寝ながら「寿限無」唱える : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月15日 > 「落語娘」主演のミムラ、稽古のし過ぎで寝ながら「寿限無」唱える
メニュー

「落語娘」主演のミムラ、稽古のし過ぎで寝ながら「寿限無」唱える

2008年5月15日 12:00

夢の中でも「じゅげむじゅげむ…」「落語娘」

夢の中でも「じゅげむじゅげむ…」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「着信アリ2」「この胸いっぱいの愛を」のミムラが主演を務める「落語娘」の完成披露試写会が、5月14日に東京・新橋のスペースFS汐留にて行われ、落語に青春をかけるヒロインを演じたミムラが舞台挨拶を行った。

永田俊也の同名小説を「櫻の園」の中原俊監督が映画化した本作は、大学卒業後に身一つで落語界に飛び込んだ主人公・香須美(ミムラ)が、前座としての厳しい下積みや男社会の壁、そして破天荒な師匠(津川雅彦)の奇行などに振り回されながらも、ひたむきに自分の道を切り開いていく姿を描く。

映画主演は実に3年ぶりとなるミムラは、「以前ドラマ(「離婚弁護士」)で共演した津川さんが師匠役で出演されると聞いて、“何がなんでも出なければ!”というプレッシャーと楽しさの中で撮影に臨みました」と、ベテラン俳優・津川との共演が本作出演の決め手だったことを明かし、「津川さんはマキノ雅彦として監督業も務められているので、中原監督と話をしている姿は、監督が2人いるようでした」と、大先輩の貫禄ぶりを語った。

本作に出演する前は完全に落語初心者だったというミムラにとって、落語家を演じるプレッシャーは相当なものだったそうで、「とにかく練習練習で、家で練習して稽古もつけてもらっていたので、ある朝起きた時に『寿限無』を唱えていて自分でもビックリしました(笑)」と当時を振り返った。また、役名の“三々亭(さんざんてい)香須美”にちなんで、最近の“散々”な出来事を聞かれ、「生ごみと料理を運んでいたら、間違えて料理の方を捨ててしまった」と答えると、「落語のネタにできそうですね」と記者から突っ込まれる一幕もあった。

落語娘」は晩夏公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi