三谷監督、「ザ・マジックアワー」で“新しいジャンル確立した”と自画自賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月15日 > 三谷監督、「ザ・マジックアワー」で“新しいジャンル確立した”と自画自賛
メニュー

三谷監督、「ザ・マジックアワー」で“新しいジャンル確立した”と自画自賛

2008年5月15日 12:00

抱腹絶倒は間違いなし!?「ザ・マジックアワー」

抱腹絶倒は間違いなし!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 三谷幸喜監督による新作映画「ザ・マジックアワー」が完成。5月14日、東京・六本木のヒルズアリーナにてジャパンプレミア・セレモニーが行われ、アワー(泡)にかけたシャボン玉が舞う中、三谷監督ほか、主演の佐藤浩市妻夫木聡深津絵里綾瀬はるか小日向文世寺島進戸田恵子伊吹吾郎の総勢9名がリムジンに乗って登場した。

本作は、架空の港町を舞台に、街を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の愛人(深津)に手を出した手下(妻夫木)が、売れない三流役者(佐藤)を伝説の殺し屋に仕立てたことから大騒動が巻き起こるというストーリー。

「僕自身が“こういう映画が見たかった”というものを作った。今までの日本映画にない、新しいジャンルのコメディになったという気がする」と、自画自賛した三谷監督。それに対し、今までのイメージを覆す“間抜けな男”を演じた佐藤は、「監督は“脚本は役者へのラブレター”と言っていたが、僕には果たし状にしか思えなかった。でも、“こんな面白いこと考えちゃった”と、笑顔で走ってくる監督を見たら演じざるを得なかった。非の打ち所のない、完成された台本だった」と完敗を認め、笑いを誘った。

また、1シーン1カットの長回しや、細かな演出で知られている三谷監督の作品に初参加した妻夫木、綾瀬の両名は、「聞いていたよりは短かったが、4分ぐらいのシーンでは汗がダラダラ出た」(妻夫木)、「演出がとても細かくて、監督の中にあるイメージにぴったりハマらないとOKにならない。そういう意味ではとても厳しい監督だった」(綾瀬)と、撮影を振り返った。

ザ・マジックアワー」は、6月7日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi