ロバート・レッドフォード、ジャッキー・ロビンソン伝記映画に出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月16日 > ロバート・レッドフォード、ジャッキー・ロビンソン伝記映画に出演!
メニュー

ロバート・レッドフォード、ジャッキー・ロビンソン伝記映画に出演!

2008年4月16日 12:00

自分で監督はしない?「大いなる陰謀」

自分で監督はしない?
(C)2007 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「大いなる陰謀」(4月18日公開)で主演・監督したロバート・レッドフォードが、黒人初のMLB選手ジャッキー・ロビンソン(1919~72)の伝記映画に出演することになった。レッドフォードは、「ナチュラル」(84)に続く野球映画の出演で、彼はロビンソン選手を公私ともに支え続けたブルックリン・ドジャース(ロサンゼルス・ドジャースの前身)のブランチ・リッキー会長を演じることになった。

ジャッキー・ロビンソンは、46年にリッキー会長に誘われ、ドジャースと契約。有色人種が排除されていたMLB初のアフリカ系アメリカ人選手となった。翌47年にMLBデビューし、チーム優勝にも貢献し新人王獲得。人種差別を受けつつも、49年に首位打者と盗塁王に輝くなど、ドジャース一筋に10年間活躍し続け、57年1月に引退。62年野球殿堂入り。彼の背番号42番は、72年ドジャースで永久欠番になるが、同年10月に心臓病のため53歳で死去。彼の活躍なしに有色人種へ門戸を開かれなかったことから、97年よりMLB全球団で42番が永久欠番になった(ニューヨーク・ヤンキースのマリアーノ・リベラ投手は継続使用が認められている)。

米ハリウッド・レポーター誌によると、レッドフォードやESPNフィルム(全米スポーツ専門局映画部門)がプロデュース。高校バスケットボールの実話物語を映画化した「コーチ・カーター」のトーマス・カーター。「ALI アリ」のスティーブン・リベルと、今年HBOで放映されて大好評のTVミニシリーズ「ジョン・アダムス」を手がけたカーク・エリスが脚本を担当する。

ロビンソン選手はアフリカ系アメリカ人にとって、キング牧師、マルコムXと並ぶヒーローで、長年にわたってスパイク・リー監督が映画化を切望していた。

今回の映画化は2度目にあたり、50年には本人が出演したアルフレッド・グリーン監督の「ジャッキー・ロビンソン物語」がある。90年にもTV映画化されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi