「ノーカントリー」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」が美術監督賞受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月19日 > 「ノーカントリー」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」が美術監督賞受賞
メニュー

「ノーカントリー」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」が美術監督賞受賞

2008年2月19日 12:00

現代劇はオスカー候補になりにくい「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

現代劇はオスカー候補になりにくい
(C)2007 Paramount Vantage,
A PARAMOUNT PICTURES company.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)、「ライラの冒険/黄金の羅針盤」(クリス・ワイツ監督)、「ノーカントリー」(ジョエル&イーサン・コーエン監督)が、2月16日にロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで行われた美術監督組合(ADG)賞授賞式で、07年度のプロダクションデザインの最高作に選ばれた。

ピリオド(歴史物)部門には「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の美術監督ジャック・フィスク、ファンタジー部門には「ライラの冒険」の美術監督デニス・ガスナー、コンテンポラリー(現代劇)部門には美術監督ジェス・ゴンコールが選ばれた。24日に発表されるアカデミー美術賞にはゴンコールを除く2人がノミネートされている。

また、「ハリー・ポッター」シリーズで有名な美術監督スチュアート・クレイグに長年の功績に対する名誉賞が、ストップモーション・アニメーターのレイ・ハリーハウゼンに映画表現貢献賞が与えられた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi