「ボーン・アルティメイタム」「スウィーニー・トッド」がベスト編集映画に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月19日 > 「ボーン・アルティメイタム」「スウィーニー・トッド」がベスト編集映画に
メニュー

「ボーン・アルティメイタム」「スウィーニー・トッド」がベスト編集映画に

2008年2月19日 12:00

次々に“ミートパイ”にしていくつなぎが見事「ボーン」

次々に“ミートパイ”にしていくつなぎが見事
(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
and DreamWorks LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ボーン・アルティメイタム」(ポール・グリーングラス監督)と「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」(ティム・バートン監督)が、07年の最も編集の優れた映画に選ばれた。

2月17日、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで行われた第58回米編集者組合賞(エディー賞)の授賞式で発表されたもので、ドラマ映画部門では「ボーン」のクリストファー・ラウズ、ミュージカル・コメディ部門では「スウィーニー」のクリス・レベンゾンがそれぞれエディー賞を受賞した。

ドキュメンタリー部門は「シッコ」(マイケル・ムーア監督)、 TVシリーズ部門では「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」の最終話「Made in America」、映画作家の長年の功績を讃えるゴールデン・エディー賞には「夜の大捜査線」のノーマン・ジュイソン監督が選ばれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi