「ボーン・アルティメイタム」「スウィーニー・トッド」がベスト編集映画に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月19日 > 「ボーン・アルティメイタム」「スウィーニー・トッド」がベスト編集映画に
メニュー

「ボーン・アルティメイタム」「スウィーニー・トッド」がベスト編集映画に

2008年2月19日 12:00

次々に“ミートパイ”にしていくつなぎが見事「ボーン」

次々に“ミートパイ”にしていくつなぎが見事
(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
and DreamWorks LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ボーン・アルティメイタム」(ポール・グリーングラス監督)と「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」(ティム・バートン監督)が、07年の最も編集の優れた映画に選ばれた。

2月17日、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで行われた第58回米編集者組合賞(エディー賞)の授賞式で発表されたもので、ドラマ映画部門では「ボーン」のクリストファー・ラウズ、ミュージカル・コメディ部門では「スウィーニー」のクリス・レベンゾンがそれぞれエディー賞を受賞した。

ドキュメンタリー部門は「シッコ」(マイケル・ムーア監督)、 TVシリーズ部門では「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」の最終話「Made in America」、映画作家の長年の功績を讃えるゴールデン・エディー賞には「夜の大捜査線」のノーマン・ジュイソン監督が選ばれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi