ジョージ・クルーニー、早くもオスカーレース敗北宣言! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月8日 > ジョージ・クルーニー、早くもオスカーレース敗北宣言!
メニュー

ジョージ・クルーニー、早くもオスカーレース敗北宣言!

2008年2月8日 12:00

オスカーはすでに1個持ってるしね「告発のとき」

オスカーはすでに1個持ってるしね
(C)2007 Clayton Productions, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞授賞式を前に、「フィクサー」(4月12日日本公開)で主演男優賞にノミネートされているジョージ・クルーニーが早くも敗北宣言を行った。

クルーニーは、ビゴ・モーテンセン(「イースタン・プロミセズ」)、トミー・リー・ジョーンズ(「告発のとき」)、ジョニー・デップ(「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」)、ダニエル・デイ=ルイス(「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」)らとともに主演男優賞にノミネートされているが、オスカーは「デイ=ルイスが獲る」と、クルーニーは断言。「彼があまりに素晴らしい演技をしているんで、ぼくらはみんなムカついているほどだ。ダニエル・デイ=ルイスなんて大嫌いだよ!」と冗談めかしてアカデミー予想を語った(先頃行われた米ニューズウィーク誌のオスカー候補者座談会では、両者が衝突する場面はなかった)。

また、クルーニーは英BBCのラジオ・タイムズ誌のインタビューで、ハリウッド映画の現状を憂うコメントをしている。フランシス・フォード・コッポラ監督やマーティン・スコセッシ監督、スタンリー・キューブリック監督らが活躍した1964~76年までをハリウッドの黄金時代と呼ぶクルーニーは、「その12年間は1年に10本の傑作があった。今ではそういう映画は全く作られていない。傑作に近い映画もないほどだ」と、ハリウッドの映画産業の現状を嘆いている。

ちなみに、クルーニーは「フィクサー」を製作するにあたり、脚本家・監督のトニー・ギルロイとともに、アラン・J・パクラ監督の「コールガール」「大統領の陰謀」、ピーター・イエーツ監督の「エディ・コイルの友人たち」、シドニー・ルメット監督の「狼たちの午後」「プリンス・オブ・シティ」、シドニー・ポラック監督の「追憶」など、過去の傑作を一緒に鑑賞したという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi