U2のボノとエッジが、観客わずか250人のライブに飛び入り出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月27日 > U2のボノとエッジが、観客わずか250人のライブに飛び入り出演!
メニュー

U2のボノとエッジが、観客わずか250人のライブに飛び入り出演!

2007年11月27日 12:00

当日の観客、うらやまし過ぎ「ステイ」

当日の観客、うらやまし過ぎ
Photo:Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[eiga.com 音楽ニュース] U2のボノとエッジが、ロンドン郊外で行われたチャリティライブに出演し、わずか250人のオーディエンスを前に演奏を行った。

去る11月23日、ロンドン北部の教会で行なわれた英王立知能障害者協会(MENCAP)主催の「リトル・ノイズ・セッション」には、コンサートの目玉であるグラスゴー出身のバンド、ビッフィ・クライロのほかに、“とてもスペシャルなゲスト”が出演予定であることが告知されてはいたが、それがU2だった。観衆は2人のアコースティック演奏に酔いしれたという。

同ライブを仕切ったBBCラジオのDJは、「シンガーのポール(ボノの本名)はシャイなの。だからお手柔らかにね」と、スペシャルゲストを紹介して、ステージに呼び込んだという。

ボノとエッジが演奏したのは4曲で、「ステイ」「ディザイアー」「エンジェル・オブ・ハーレム」というおなじみの名曲に加え、ボノが85年にエチオピア旅行からインスピレーションを得て、アルバム「ヨシュア・ツリー」(87)のために書いたという「ウェイブ・オブ・ソロウ」を初めて披露した。

U2が自分たちのサポートを務めることを、当日まで知らされていなかったビッフィ・クライロのメンバーも大感激。フロントマンのサイモン・ニールはBBCに、「ショーの前に対面したよ。すごく親切だった。『ショーに飛び入りしちゃってゴメン』って謝られたんだ。それって、どう考えたって丁寧すぎるよね!」と話したそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi