「サーフズ・アップ」ジャパンプレミア、小栗旬ら勢揃い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年11月27日 > 「サーフズ・アップ」ジャパンプレミア、小栗旬ら勢揃い
メニュー

「サーフズ・アップ」ジャパンプレミア、小栗旬ら勢揃い

2007年11月27日 12:00

(左から)山田優、小栗旬、清水ミチコ、マイク眞木「サーフズ・アップ」

(左から)山田優、小栗旬、清水ミチコ、マイク眞木
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ペンギン達がサーフバトルを繰り広げる「サーフズ・アップ」のプレミア試写会が11月26日、東京・池袋のサンシャイン劇場で行われた。ステージには日本語吹き替え版での声を担当したマイク眞木と清水ミチコに続き、ヒロインの声を務めた山田優が登場。最後に主役の声を務めた小栗旬が登場すると会場中に黄色い大歓声が上がった。司会は着ぐるみペンギンのコディと、今回吹き替えの監修を務めたパックンの愛称で親しまれているパックンマックンのパトリック・ハーランがマイクを取り、度々鋭いツッコミを入れては爆笑の起こる盛り上がった舞台挨拶となった。

物語は夢を追うイワトビペンギンの新人サーファー、コディが“ビッグZ”と呼ばれる伝説のサーファーのように栄光をつかむため、サーフィン・ワールドカップのチャンピオンを目指し、最強のライバルに挑むというもの。小栗と山田が口を揃えて「海の美しさを見てほしい」とコメントするように、最新のリアルなCG映像も見どころだ。

眞木は本作で“ビッグZ”の声を担当しているほか、パックンの監修した日本語をサーファー用語に再監修したということもあり、途中、眞木とパックンとのちぐはぐ(?)な英語でのやりとりも見られたが、すかさず清水が「ツッコミたいけれど何を話しているか判らない」と会場を笑わせた。

今ウエットスーツを作っているという山田は、ホノルルマラソンを完走した話を披露。「完走した時には、何でも出来るという気持ちになった」とスポーツで味わう達成感の話も交えて映画をアピールした。

最近では多忙でサーフィンに行く暇がないという小栗が最後に「バトルもあり熱くなるシーンはもちろんありますが、まったりとした時間を感じる映画です。自然と戯れることを教えてくれる作品だと思うので、自然を感じつつ明日からの活力にしていただけたら」と締めくくって会場を後にした。12月15日全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi