第20回東京国際映画祭閉幕。最高賞はイスラエル=仏合作映画に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月29日 > 第20回東京国際映画祭閉幕。最高賞はイスラエル=仏合作映画に!
メニュー

第20回東京国際映画祭閉幕。最高賞はイスラエル=仏合作映画に!

2007年10月29日 12:00

(左から)グランプリ受賞「迷子の警察音楽隊」の 主演サッソン・ガーベイ、エラン・コリリン監督「迷子の警察音楽隊」

(左から)グランプリ受賞「迷子の警察音楽隊」の
主演サッソン・ガーベイ、エラン・コリリン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月28日、9日間にわたって開催された第20回東京国際映画祭が閉幕。東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールで行われたクロージングセレモニーでは各部門の受賞結果が発表され、コンペティション部門の最高賞にあたる東京サクラグランプリには、イスラエル・フランス合作映画「迷子の警察音楽隊」(エラン・コリリン監督・脚本、12月中旬公開)が選ばれた。

迷子の警察音楽隊」は、間違えてイスラエルの小さな町に迷い込んでしまったエジプトの警察音楽隊の面々と、彼らを出迎えた町の住人との交流を綴ったヒューマンドラマ。同作のコリリン監督は「とても誇りに思います。本当にありがとう」と素直に喜びを表明し、主演のサッソン・ガーベイは「我々の名前がどの賞でも呼ばれず、やっぱりダメだったかと思っていたところだったので、大逆転のようで嬉しい」とコメントした。

同作は既に今年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門でも国際批評家連盟賞、ジュネス賞、そしてカンヌ映画祭が同作のために特別に設けた“一目惚れ”賞の3冠を受賞しているほか、イスラエル・アカデミー賞でも作品賞、監督賞などを受賞しており、東京国際映画祭のグランプリ獲得で、国際的評価がさらに高まった格好だ。そのことについて監督は「僕はただ映画を作っているだけで、それを世界の人々が受け入れてくれているだけだ」と謙虚に答えたが、ガーベイは「この映画には“思いやり”と“安らぎ”が描かれていて、人々がそうしたものを求めているからでは」と分析した。

コンペティション部門の審査委員長を務めたアラン・ラッド・Jr.(プロデューサー)は、審査過程を振り返って「とても良い作品が揃っており、どの作品にどの賞を与えるか、審査員はみんな迷ったが、互いに意見を尊重し合って決めた」と話し、そうした混戦の中で「迷子の警察音楽隊」をグランプリに選出した理由について、「政治的なことを語るわけでもなく、考えを押し付けるわけでもない。例えイスラエルという舞台設定でなくとも伝わる。宗教や文化を超え、人がお互いにどうやって理解しあっていくかを描いた普遍的な映画である」と述べた。その他、主な受賞結果は以下の通り。

▼東京サクラグランプリ
迷子の警察音楽隊」(エラン・コリリン監督/イスラエル=フランス)

▼審査員特別賞
「思い出の西幹道(仮題)」(リー・チーシアン監督/中国=日本)

▼最優秀監督賞
ピーター・ハウイット(「デンジャラス・パーキング」/イギリス)

▼最優秀女優賞
シェファリ・シャー(「ガンジー、わが父」/インド)

▼最優秀男優賞
ダミアン・ウル(「トリック」/ポーランド)

▼最優秀芸術貢献賞
「ワルツ」(サルバトーレ・マイラ監督/イタリア)

▼観客賞
「リーロイ!」(アルミン・フォルカース監督/ドイツ)

▼「日本映画・ある視点」部門 作品賞
実録・連合赤軍/あさま山荘への道程(みち)」(若松孝二監督)

▼「日本映画・ある視点」部門 特別賞
子猫の涙」(森岡利行監督)

▼「アジアの風」部門 最優秀アジア映画賞
「シンガポール・ドリーム」(イェンイェン・ウー&コリン・ゴー監督/シンガポール)

▼「アジアの風」部門 特別賞
「ダンシング・ベル」(ディーパク・クマーラン・メーナン監督/マレーシア)

黒澤明
デビッド・パットナム

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi