ナタリー・ポートマンに米誌がヌードシーンについての誤報で謝罪 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月29日 > ナタリー・ポートマンに米誌がヌードシーンについての誤報で謝罪
メニュー

ナタリー・ポートマンに米誌がヌードシーンについての誤報で謝罪

2007年10月29日 12:00

後悔してないわよ「ホテル・シュヴァリエ」

後悔してないわよ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米の映画館でも上映が始まったウェス・アンダーソン監督の短編映画「ホテル・シュバリエ(Hotel Chevalier)」。全米の日曜版新聞とともに配達されるパレード誌が、ヌードを披露したナタリー・ポートマンが「ヌードシーンを演じたことを後悔している」という内容の報道をしたが、これを「間違いだった」と謝罪した。

同誌は、「ホテル・シュバリエ」で演じたシーンについてポートマンが「不愉快だった」と語ったとの報道をし、さらに「オファーの返事をする時、もっと自分の直感に従うべきだった。時には『ノー』と断ることが最も大変なの。でも、これからは自分に正直に役を選ぶわ」という彼女の言葉を引用した。

ところが、ポートマンの広報担当はこれに猛抗議。「(引用された言葉は)『ホテル・シュバリエ』のシーンではなく、ミロシュ・フォアマン監督の『ゴヤズ・ゴースト(Goya's Ghosts)』の拷問シーンに関して述べた言葉」だという。

この発言を受けてパレード誌は、「我々はポートマンが『ホテル・シュバリエ』のヌードシーンを不快に感じていたと伝えたが、これは間違いだった。彼女は映画のタイトルを特定しなかったので、勘違いしていた」と謝罪の意を示した。

ホテル・シュバリエ」は、アンダーソン監督の新作「ダージリン急行」(08年3月日本公開)のプロローグ的作品。9月26日より、米アップルiTunesでダウンロードが可能になった。なお、「ダージリン急行」は今年の第20回東京国際映画祭で特別招待作品として上映された。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi