市原隼人、関めぐみが宙を舞う!「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月26日 > 市原隼人、関めぐみが宙を舞う!「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」
メニュー

市原隼人、関めぐみが宙を舞う!「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」

2007年10月26日 12:00

ワイヤーアクションで宙を飛ぶ! (左から)チェーンソー男、浅利陽介、市原隼人、関めぐみ「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」

ワイヤーアクションで宙を飛ぶ!
(左から)チェーンソー男、浅利陽介、市原隼人、関めぐみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 滝本竜彦による同名青春小説を映画化した「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」。10月25日、第20回東京国際映画祭の「日本映画・ある視点」部門での上映前に、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで本作の舞台挨拶が行われ、主演の市原隼人関めぐみ浅利陽介北村拓司監督が登壇した。

平凡な高校生・山本陽介(市原)は、ある日制服姿の美少女・雪崎絵理(関)に出会う。するとそこにチェーンソーを振り回す謎の大男が現れ、慌てふためく陽介を尻目に、絵理は颯爽とナイフを投げて男を追い払う。冗談のような話だが、絵理は“チェーンソー男”と夜な夜な闘っているという。何のために闘うのかは分からないまま、その日から陽介も絵理の闘いに参加することになった。

何の変哲もない高校生活の中で、いきなり女子高生とチェーンソー男が闘うという不可解な展開を見せることについて、主演の市原は「チェーンソー男がどういう意味を持つキャラクターなのか、またそれがいつ分かるのかがすごく面白い」と映画の見所をアピール。また、劇中でチェーンソー男と死闘を繰り広げるヒロインを演じ、ワイヤーアクションにも挑戦したという関は、「今までこんなに飛んだことはないというぐらい飛んだ(笑)。立ち回りなども経験できてすごく勉強になった」と満足気に撮影を振り返った。

この日、物語のキーパーソンであるチェーンソー男もキャストらと一緒に登壇していたが、コメントを求められるとチェーンソーを振りかざして周囲を威嚇し、結局何も語らず終いだった。彼の存在が一体どんな意味を持っているのかは、映画を見てのお楽しみ。

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」は08年正月第2弾公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi