“ブラックカーペット”にワルかっこいい男たちが登場!「クローズZERO」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月26日 > “ブラックカーペット”にワルかっこいい男たちが登場!「クローズZERO」
メニュー

“ブラックカーペット”にワルかっこいい男たちが登場!「クローズZERO」

2007年10月26日 12:00

ワルたちの迫力を見よ! (左から)やべきょうすけ、小栗旬、山田孝之「クローズZERO」

ワルたちの迫力を見よ!
(左から)やべきょうすけ、小栗旬、山田孝之
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高橋ヒロシの超人気コミックを映画化した「クローズZERO」が、10月25日、第20回東京国際映画祭で特別招待作品として公開された。これを記念するイベントが東京・六本木の六本木ヒルズアリーナで開催され、主演の小栗旬山田孝之、やべきょうすけ、三池崇史監督がトークショーを行った。

映画版は、原作の1年前という設定の三池監督によるオリジナルストーリー。クローズ=カラスのように忌み嫌われる不良男子高校を舞台に、最大勢力を率いるリーダー芹沢多摩雄(山田孝之)と、謎の転入生・滝谷源治(小栗旬)が壮絶な覇権抗争を繰り広げる。会場には映画の世界観をイメージした黒いカーペットが敷かれ、集まった500名のファンが黒づくめのワル・ファッションに身を包んだ小栗らを大歓声で出迎えた。

小栗は、「朝まで(山田)孝之と飲んでて、二日酔いです」と言いつつ余裕の笑顔。三池監督も「この映画では、みんな二日酔いで現場に来た。たまに酒を抜いたら目がキラキラしちゃって(前のシーンと)全然つながらなかった」と撮影の舞台裏を明かし、会場は爆笑に包まれた。

とは言え、全編にわたるアクションの撮影はかなりハードだったようで、小栗は「こぶしが変形した」、やべは「鼓膜が破れた」と驚きのエピソードを披露。また、作品の中の自分を見て“スゲー”と思うところは?との質問に、小栗は「オレの存在自体」、山田は「(終始相手を睨んでいるため)映画全体を通して目が半分しか開いてない(笑)」と答え、最強のワルたちの迫力を伝えた。

その後、TOHOシネマズ六本木ヒルズに場所を移して舞台挨拶が行われ、小栗は「ケンカを題材にしているが、毎日を楽しくする方法を探して一生懸命に生きている人たちの人間ドラマ。男性にも女性にも愛してもらえたらいいなと思う」と作品の魅力をアピールした。

クローズZERO」は10月27日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi