堀北真希がまたも“男”に!1人2役を演じた「東京少年」完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月5日 > 堀北真希がまたも“男”に!1人2役を演じた「東京少年」完成
メニュー

堀北真希がまたも“男”に!1人2役を演じた「東京少年」完成

2007年10月5日 12:00

共演の石田とは“男同士” 取っ組み合いの喧嘩も演じた堀北真希

共演の石田とは“男同士”
取っ組み合いの喧嘩も演じた堀北真希
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堀北真希が10月4日、東京・日比谷の帝国ホテルで行われた最新主演映画「東京少年」の完成報告会見に出席。共演の石田卓也、監督の平野俊一、プロデューサーの丹羽多聞アンドリウも同席した。

東京少年」は、少女みなとと文通相手の少年ナイトとの恋を描くが、みなとは実は二重人格者で、恋心を抱いている相手は他でもない自分自身だったという異色のラブストーリー。堀北は、少女みなとと“少年”ナイトの2役に扮している。

堀北の少年役といえば、先月18日に最終回を迎えたTVドラマ「花ざかりの君たちへ/イケメン♂パラダイス」で、“男装”して男子校に潜り込むアメリカ育ちの女子高生の役を、髪をバッサリと短く切って演じたことが話題になったばかり。

しかし、堀北は「『花ざかり~』が終わったばかりなので、その印象が強いかもしれませんが、この映画の撮影は今年の1月で、ドラマよりずっと前。ドラマのほうは、男装しているとはいえ女の子の役だったけど、今回のナイトは完全な男の子なので、演じ方も違った」と語り、「脚本を最初に読んだときは難しくて自分には出来ないと思ったけど、無我夢中で頑張った。自分の中で葛藤はありましたが、心に残るものは大きかった」と1人2役を演じ切った手応えを感じているようだった。

「歩き方とかしゃべり方とか、めちゃくちゃカッコよかった」と共演の石田も賞賛する堀北の少年役。「自分は女なので、自分の中にはない“力強さ”や“大胆さ”といった男性らしさをイメージしてナイトを演じた」と役作りについて語る堀北だったが、そんな彼女自身の理想の“男性らしさ”は「優しさ」だそうな。

東京少年」は08年2月2日ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi