黒木メイサも「感無量です」。2077年の日本を描くSFアニメ「ベクシル」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月20日 > 黒木メイサも「感無量です」。2077年の日本を描くSFアニメ「ベクシル」公開
メニュー

黒木メイサも「感無量です」。2077年の日本を描くSFアニメ「ベクシル」公開

2007年8月20日 12:00

(左から)曽利文彦監督、松雪泰子、黒木メイサ、mink「ベクシル 2077日本鎖国」

(左から)曽利文彦監督、松雪泰子、黒木メイサ、mink
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アップルシード」のプロデュースで“3Dライブアニメ”という手法を確立した曽利文彦が、今度は監督として新たに手掛けた「ベクシル 2077日本鎖国」。同作が、去る8月18日に初日を迎え、曽利監督のほか、声優初挑戦となった黒木メイサ(ベクシル役)、松雪泰子(マリア役)、主題歌「Together again」を担当したminkの面々が、丸の内プラゼールにて舞台挨拶を行った。

満場の客席を前に、曽利監督は「初日を迎えることができて感無量です」と挨拶。キャスト陣は「キャラクターの表情にリアルを感じてもらえるはず」(黒木)、「クライマックスに向けての高揚感はもちろん、マリアが散っていくシーンが印象的」(松雪)と、作品の魅力を語った。

「日本人にとってはとてもショッキングな内容だと思うが、“決してこうなりたくない”というメッセージでもある」と曽利監督が語る本作は、ハイテク鎖国を断行して10年を経た2077年の日本の姿を、米国特殊部隊の女兵士べクシルの視点を通して描くSFアニメ。すでに海外129カ国での公開も決定しており、“世界に向けて日本のエンターテインメントを発信する”という企画当初からの志が、見事に成就したといえそうだ。「べクシル 2077日本鎖国」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi