ジョニー・デップが「ラスベガスをやっつけろ」原作者の小説を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月1日 > ジョニー・デップが「ラスベガスをやっつけろ」原作者の小説を映画化
メニュー

ジョニー・デップが「ラスベガスをやっつけろ」原作者の小説を映画化

2007年8月1日 12:00

今度はプエルトリコを やっつけろ!「ラスベガスをやっつけろ」

今度はプエルトリコを
やっつけろ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ラスベガスをやっつけろ」(テリー・ギリアム監督)で原作者ハンター・S・トンプソンの分身を演じたジョニー・デップが、トンプソンの別の小説「ラム・ダイアリー(The Rum Diary)」の映画化作品で主演することになった。米バラエティ紙によると、全米配給はワーナー・インディペンデント。製作は、先日お伝えした「ダーク・シャドウズ」同様に、デップの製作プロ、インフィニタム=ニヒルとグラハム・キング率いるGKフィルム。

原作は、05年に亡くなった作家トンプソンが1959年に執筆した小説。「ラスベガス~」の原作同様に彼のトレードマークの“ゴンゾー・ジャーナリズム”スタイルで書き連ねられたストーリーは、50年代プエルトリコをレポートするためやって来たフリーランス・ジャーナリスト、ポール・ケンプ(デップ)の現地での“やりたい放題”を描いたもの。

同プロジェクトは、デップ自らが04年頃から映画化を切望してきた企画。「ラスベガス~」の共演者ベニチオ・デル・トロが監督するという噂が一時流れたことがある。

監督・脚本は、これまたデップが愛する英国製コメディ「ウイズネイルと僕」(88)の監督・脚本を手掛けたブルース・ロビンソンになる予定。ちなみにロビンソンは、ギリアムが「ラスベガス~」を映画化する以前にその脚本を一度執筆したトンプソン・ファンだけに、デップにとって最高の人選と言えるかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi