「日本中が痛みを分かち合えれば」。田中麗奈「夕凪の街 桜の国」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月20日 > 「日本中が痛みを分かち合えれば」。田中麗奈「夕凪の街 桜の国」
メニュー

「日本中が痛みを分かち合えれば」。田中麗奈「夕凪の街 桜の国」

2007年7月20日 12:00

「夕凪の街 桜の国」 (左から)佐々部清監督、藤村志保、麻生久美子、 田中麗奈、吉沢悠、中越典子、伊崎充則「夕凪の街 桜の国」

「夕凪の街 桜の国」
(左から)佐々部清監督、藤村志保、麻生久美子、
田中麗奈、吉沢悠、中越典子、伊崎充則
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 7月28日に公開を迎える「出口のない海」「半落ち」の佐々部清監督の新作「夕凪の街 桜の国」。19日、東京・九段の九段会館にて舞台挨拶付き特別試写会が催され、主演の田中麗奈麻生久美子藤村志保佐々部清監督らが登壇した。

同作は第2次大戦中に広島で被爆した女性と、被爆2世の女性の人生を通して原爆の恐ろしさと生きる喜びを描いた、こうの史代による同名マンガの映画化。広島で被爆し、後遺症に悩む女性、皆実(みなみ)を描く「夕凪の街」と、現代を舞台に皆実の子孫である七波(ななみ)を描く「桜の国」の2部構成となっている。被爆した皆実を演じた麻生は「この役に出会えて、生きていて良かったと思った。今までは原爆や戦争について知ろうとしていなかったが、この役を演じて、これからは私たちが伝える番だと感じた」と本作に参加した感想を語った。一方、現代パートの七波を演じた田中は「原爆や戦争は、すでに完結したものとして捉えていたが、この役に出会い、(原爆や戦争の)苦しみはまだ続いていると思った。この映画を見て、日本中が痛みを分かち合えれば」とメッセージを残し、会場を後にした。

夕凪の街 桜の国」は7月21日より広島限定で公開され、28日より全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi