今年のベネチア映画祭はジョン・ウーのアジア凱旋映画で閉幕 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月11日 > 今年のベネチア映画祭はジョン・ウーのアジア凱旋映画で閉幕
メニュー

今年のベネチア映画祭はジョン・ウーのアジア凱旋映画で閉幕

2007年7月11日 12:00

アジアに出戻りました「ワイルド・ブリット」

アジアに出戻りました
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第64回ベネチア国際映画祭のクロージング作品が発表され、ハリウッドで成功を収めたジョン・ウーのアジア凱旋帰還映画第1作で、全編中国語のアクション映画「Blood Brothers」(原題「天堂口」)が特別招待作品(アウト・オブ・コンペ作品)に選ばれたと、米バラエティ紙が伝えた。

同作は、中国の新鋭監督、アレクシー・タン(陳奕利)の長編デビュー作。三国志の赤壁の戦いを描く「赤壁(Red Cliff)」を現在製作中のライオンズ・ロック・プロダクションズの作品で、ジョン・ウーテレンス・チャンが共同プロデュースする。

ストーリーは、ウー監督作品「ワイルド・ブリット」(90)を下敷きに、日中戦争前の30年代上海の暗黒街をのし上がっていく3人の若者を描くというもの。主演は、中国のリウ・イエ(「プロミス 無極」)、香港のダニエル・ウー(「女帝/エンペラー」)、台湾のチャン・チェン(「百年恋歌」)。アジアを代表する主演男優3人が映画祭最終日の9月8日、リド島のレッドカーペットを踏む予定だ。

イギリス人監督ジョー・ライト(「プライドと偏見」)の、キーラ・ナイトレイ主演作「アトーンメント(Atonement)」で開幕するベネチア映画祭の全ラインナップは、7月26日に発表される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi